群馬県みどり市山火事の場所や出火原因!被害の状況や目撃情報

豊田市 火事 火事や災害

4月22日(木)の正午12時10分頃、群馬県みどり市東町沢入の山林で発生した山火事は、4月23日(金)の早朝より消火活動が再開しました。火の勢いは収まってきましたが、くすぶっているところが残っていて、鎮火には至っていません。この記事では、群馬県みどり市の山火事の出火原因や火災現場の状況を調査しました。4月23日21時更新

スポンサーリンク

群馬県みどり市の山林火災の場所

4月22日(木)の正午12時10分頃、群馬県みどり市東町沢入の山林が燃えていると近隣の住民より119番通報がありました。消防車など10数台が出動し、消火活動に当たっていました。
地元消防や警察によりますと、怪我などの人的被害は確認されていませんが、現在も延焼しており、みどり市が24世帯32人に避難指示を出しています。昨夜午後10時の時点で、避難所には計5世帯7人が避難しているとの事でした。前橋地方気象台によりますと、4月18日に少量の降水を観測して以降、降雨がなく、乾燥した状況とのこと。気象台は群馬県全域に乾燥注意報を出して注意喚起しています。

ー4月23日追記ー
翌23日になっても依然として山林火災は続いています。午前5時30分より上空からヘリコプターによる放水が始まり、午前6時30分より地上での消火活動が再開しました。地上では、地元消防隊員およそ120人の態勢で消火にあたっています。
群馬県警によりますと、現場付近の木造2階建て住宅が全焼し、中から一人の遺体が見つかりました。この家に住む70代の男性と連絡がとれていないため、遺体の身元確認を急いでいます。

ー4月23日21時追記ー
4月23日午後6時30分頃、火の勢いは収まってきましたが、くすぶっているところが残っていて、鎮火には至っていません。
明日4月24日(土)も引き続き、消火活動に当たるとのことです。

警察によりますと、火災現場付近の住宅2棟が全焼し、住宅火災の火が山に燃え移った可能性があるとのこと。全焼した2棟のうち、1棟の焼け跡から一人が遺体で見つかっており、死亡したのはこの家に住んでおり、連絡のとれなくなっている72歳の神山順一さんとみて確認が進められています。

燃えているのは、草木ダム(国道122号線)西側の山林です👇

2月25日に発生した桐生の山火事はこちら👇

桐生の山火事の場所(地図)はどこ?原因や足利山火事との関連は?

スポンサーリンク




みどり市の山火事の出火原因

警察によりますと、火災現場付近の住宅2棟が全焼し、住宅火災の火が山林に燃え移った可能性があるとのことでした。詳しい出火原因については現在、警察や消防署が調査中です。詳しいことが分かり次第、追記します。

みどり市山火事の被害状況や目撃情報

現地の様子や目撃証言を掲載します👇

4月23日(金)、午前5時からヘリコプターによる消火活動が、午後6時よりポンプ車による消火活動が再開しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
火事や災害
豆母をフォローする
スポンサーリンク
気になるコトを調べ隊

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました