赤ちゃんの電車デビュー 公共の乗り物での注意やマナー

赤ちゃんの電車デビューの時期や電車賃、公共の乗り物での注意やマナーについて紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんの電車デビューの時期や電車賃は?

赤ちゃんの電車デビューはいつからOK?

1ヶ月検診が終わって、お出かけの許可がでたら、大丈夫です(^_^)v

但し、首が座らない時期の赤ちゃんって、ママ自身も抱っこするのが大変です。

しかも、
赤ちゃんを抱っこしながら、

  • ICカードの出し入れ、
  • 電車の乗り降り、
  • ママ自身のトイレなど

大変じゃないですか?

だから、赤ちゃんがいつからOK?というよりも、

ママの心の余裕が一番、大事な要素なのかなって思います。

1ヶ月検診でOKが出た後、赤ちゃんとの日常生活に慣れて、
お出かけできそう!とママが決心が出来たらOKなのかなって思います。

 

赤ちゃんの電車料金は?

JR東日本の場合、
1歳未満の乳児、
1歳から6歳未満(小学校に入る前)の幼児の電車賃は、
無料ですヽ(^o^)丿

ただし、条件があります!
大人1人に同伴する幼児の人数が2人以上の場合は、
3人目から幼児であっても子供の電車賃が必要になります。

たとえば、ママ1人で5歳、3歳、0歳の子供を連れて電車に乗る場合、

ママ1人につき、2人分の幼児の電車賃は無料、3人目から子供料金の電車賃が必要になります♪

 

新幹線の場合で、乳児や幼児でも指定席を取る場合も料金が発生します。

詳しくは、HPなどで確認してください♪

JRきっぷあれこれ

赤ちゃんと電車に乗る時の注意点

首すわり前の赤ちゃんを連れて電車に乗る時は?

フルフラットになるベビーカーもありますが、
赤ちゃんの首が座る前は、
新生児から使える抱っこ紐やスリングの方が個人的にはおすすめですね。

ベビーカーがあると、ベビーカーを使わない時にかえって大荷物になるからです( ;∀;)

しかも、新生児用のベビーカーって大きいし幅が広いですよね💦

ほんの少しの差で通れなかったりするので、かえって邪魔になる事が多々ありました。

改札口によっては、エレベーターがない駅もあります。

ベビーカーを持って行くより、最初からスリング、抱っこ紐で移動した方が楽な事が多かったです。

大人がもう一人いれば、赤ちゃん連れでの電車も、かなり楽なんですよね。

でも、ママ一人で赤ちゃんを連れて行く時は、大変です。

ベビーカーをたたんでいる間、赤ちゃんをどうするかとか、

ママのトイレ、どうやって入るのかって問題とか(;^ω^)

その手間を考えると、抱っこ紐、スリングだけでお出かけするのが正解なのかな。

泣き続ける時は途中で電車を降りる覚悟で

オムツも変えたし、ミルクもさっき飲んだし、暑さや寒さも調整しているし、
何をやっても泣き止まない時はあります😢

そんな時は、ママも心の余裕がなくなってしまいます。

赤ちゃんもママの不安を感じて、益々不安が増してしまう事もあります(;^ω^)

赤ちゃんを連れての移動って、大人1人の時のようには動けません。

その事が前提です!

まぁいっかぁ仕方ないよね、という大きな心構えでいると、ママに心の余裕が生まれます。

余裕が生まれたら、ママの表情も柔らかくなり、笑顔になります。

ママの笑顔で、赤ちゃんもご機嫌になるかもしれません。

ママがゆったり構えて赤ちゃんが落ち着いたら、次の電車に乗ってみてくださいね。

今度は、泣かずにスムーズに移動できるかもしれませんよ。

ゆったりと‼

 

乗車する時間帯を選びましょう!

日中のすいている時間帯を選びましょう。

混雑時を避けましょう!

通勤、通学の時間帯は、大人だって立っているのがやっとです💦

ギューギュー詰めの満員電車は、赤ちゃんにとっても危険がいっぱいです(;^ω^)

人が多いって言うだけで不安になる赤ちゃんもいます。

混雑する時間帯を避けるスケジュールを立てましょう。

時間と心に余裕を持って行動しましょう。

 

電車に乗っている時の注意点

公共の場所なので、赤ちゃんだとしても、
他人の迷惑にならないことが大事だと思います。

赤ちゃんだから仕方ない、泣かせっぱなしでいいと言ってるのではありません。

開き直るのではなく、

お互いに少しずつ、気配りをする、という事が大事です。

難しく考えることはないと思います。

次のようなことを気を付けるだけでも、周りの方も、配慮しているんだなって感じて頂けると思います。

 

 

音が鳴らないおもちゃであやす

指人形手袋は、ママの手にはめてしまうので、

  • 落としたり
  • 赤ちゃんに投げられたりしないので

おススメですよ~♪

他の乗客がいっぱいで狭い空間でも遊べます。

物をつかんだりできない月齢であれば、投げる心配はありませんが、

少し大きくなってくると、赤ちゃんにおもちゃを持たせると、
投げたりする事態も発生します。

投げることが遊びと言わんばかりに(;´Д`)

 

 

ママの手や指にはめる指人形手袋なら、投げたり、落としたりしないですみますね(^_^)v

人が多いと、布絵本を広げる空間がない時は、是非、

手袋人形をママバッグに忍ばせてくださいね!

手作りが好きな方は、子供の好きなキャラクターで是非、作ってみてくださいヽ(^。^)ノ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

価格:1100円(税込、送料別) (2020/1/29時点)

 

お風呂用ですが、こちらも電車グッズにおススメ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

価格:820円(税込、送料別) (2020/1/29時点)

 抱っこ紐やスリング

赤ちゃんのオムツに着替えに授乳グッズに、おクルミなど、ママは荷物がいっぱいですよね。

抱っこ紐で両手が使える状態にしておく方が、ママも楽だと思います。

冒頭でもお伝えしましたが、人が多い駅や電車内では、抱っこ紐の方が身動きがとりやすく楽だと思います。

おしゃぶり

おしゃぶりは、賛否両論ありますが、電車に時には、静かにしてもらうグッズとして、おすすめです。

うちの子たちは、月齢が大きくなってから与えてしまったので、最初から拒否ってしまい、使えずじまいでした。

周りのお子さんは、電車やバスに乗る時、上手におしゃぶりを使って静かにしていました。

おしゃぶりも、電車内でもすっ飛ばないように、おしゃぶりホルダーで抱っこ紐につなげておくと安心ですねヽ(^o^)丿

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

価格:1070円(税込、送料無料) (2020/1/29時点)

 除菌ウェットティッシュ

月齢が上がってくると、手すりや壁、吊革に興味が出て、触りまくることもあります。

触った手をそのまま舐めてしまう事もあります。

オーマイガー!(;^ω^)

除菌ができるウェットティッシュも、ママのポケットに入れておくと安心です(^_^)v

最後の手段のスマホ

もし、どうしてもぐずってしまう時は、

一時しのぎでスマホの画面を見せるという手段も、私はありだと思います。

 

我が家の場合は、ママや赤ちゃん自身の動画や写真を見せると落ち着きましたよ~

ぜひ、お試しください~

もちろん、音を消しておきましょう!

 

まとめ

あれこれ全部を持って行くのは、他の荷物もあるし大変です‼

赤ちゃんの好みやいつもの様子を考えて、厳選して持って行きましょう。

「ここぞ!」っていう時のお助けグッズがあると、ママも安心です。

そして、何よりママの心の余裕を持ってお出かけすることが、一番大事だと思います。

 

心の余裕が生まれる時間帯、

心の余裕が生まれる持ち物、

心の余裕が生まれる抱っこ紐など、

 

赤ちゃんの子連れ電車がスムーズにいくように願っています!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました