電車で赤ちゃんが泣いたらうるさい?”気にならないよ”を伝えるひよこボタン

赤ちゃん連れの電車移動、ぐずって泣き止まない時、焦りますよね。

オロオロしちゃいますよね。

周りの目だって、気になりますよね。

あの手この手で、泣いている理由を探してみるわけです。

考えられる全ての方法を試してみても、泣き止まない事、正直結構あります。

赤ちゃんが泣き止まないと、最後の手段、次の駅で降りるんですが、
目的地まで果てしなく遠く感じます( ノД`)シクシク…

ですが、世間の皆様は、そこまで、赤ちゃん連れの親子に冷たいわけでは無なさそうです!

スポンサーリンク

赤ちゃんが泣いても大丈夫‼を伝えるひよこボタン

NHKの情報番組あさイチに出演していたイノッチこと、井ノ原快彦さんが考えたひよこボタンってご存知でしょうか?

これです↓


電車やバスなどの公共の交通機関の中で、赤ちゃんが泣きやまず、
お母さんが「周りの人たちに迷惑をかけてしまうのでは」と心配になってしまう、
そんな時に、この『ひよこボタン』を押すんです。

『ひよこボタン』を押すと、スマホアプリからピヨピヨっとひよこの鳴き声がなります。

ひよこボタンは、そのお母さんに

  • 「迷惑じゃないですよ~」
  • 「気になりませんよ」

を知らせてあげることが出来るんです。

番組内でイノッチが電車やバスの中に、ひよこボタンが設置されたらいいですね!と言ったら、

有働由美子アナがみんなが持ち歩けるとイイよね、アプリがあるとイイねと。

それを見ていた視聴者さんが、スマホに無料でダウンロードできるひよこボタンアプリを開発してくれたのです。

なんて、素敵なお話なのでしょう‼

まだまだ、日本も捨てたものじゃありませんね。

ただ、認知度が低いせいか、勇気を出してひよこボタンを押してくれた男性が、他の男性乗車客にピヨピヨなってて迷惑だよ!と怒られちゃったそうです。

もちろん、泣いている赤ちゃんから、ピヨピヨ音に矛先が向いたので、成功と言えば成功ですよねヽ(^o^)丿

ひよこボタンの認知度が上がって、もっと気楽にひよこボタンを押せるようになると良いですね!

スポンサーリンク

ひよこボタンをうるさい,、苦手と感じる方もいます

ですが、ひよこボタンが苦手な方がいることを忘れてはいけません。

それは、聴覚過敏の方です。

人の耳は、必要な音だけを拾って、必要のない音は脳が遮断するのです。

ところが、聴覚過敏がある方は、必要のない音まですべての音を拾ってしまうのです。

ですから、常に音がわんわんと感じるそうです。

聴覚過敏は、車椅子やギブスのように見た目では判断できません。

ですから、過度にひよこボタンを押す事もあってはならないのではと感じます。

 

それから、子育て中だから泣いててもオッケー!という態度もNGですよね。

あやす努力をしないで、赤ちゃんだから泣いてて当然でしょう!という態度ではいけません。

それでは、ひよこボタンの意味はありません。

そう、注意をされた時は、素直にごめんなさい!が言える子育てをしたいものですね( ´艸`)

自分のお子さんは大きくなってしまって、子供達に赤ちゃんへの配慮を教えてくれる素敵なママさんもいます。

最後に

子育て中のママさんを応援する気持ちの人が世の中にはたくさんいます。

だから、過度に赤ちゃんを泣かせてごめんなさいって思う必要はありません。

ですが、赤ちゃんを泣かせたままで平気って開き直るのはNGです。

世の中には、音に対してストレスを感じる聴覚過敏の方がいます。

なので、ひよこボタンに頼らず、大丈夫ですよ!と気軽に声をかけてあげられる世の中になるといいですね。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました