アミメニシキヘビの移動距離や行動範囲は?

火事や災害

横浜市戸塚区名瀬町のアパートの一室から逃げ出したアミメニシキヘビが5月22日、ようやく発見されました!まだ捕獲されていません。アミメニシキヘには毒はありませんが、体長3.5m体重13kgと巨大で締め付ける力が強く人に危害を加える可能性があります。アミメニシキヘビの移動距離や行動範囲はどんな感じでしょうか?この記事ではアミメニシキヘビの移動距離や行動範囲を調査しました。5月22日19時更新

スポンサーリンク

アミメニシキヘビの移動距離や行動範囲は?

繁殖期のニシキヘビのオスの場合、1日の移動距離は1.2km程度のようです。繫殖期以外であれば、200m程度と意外と移動範囲は狭いようです。

移動速度については、一部の記事では、ニシキヘビの若い個体で1秒間に2.52mで移動するという記録もあります。かなりの速さですね(;’∀’)

数メートルに成長したニシキヘビの移動速度については調査されていませんし、ペットとして飼育されていたニシキヘビと野生のニシキヘビでも移動距離や移動速度などは変わってくると思われます。

どうしてもヘビを追い払ったりしたい場合は

ヘビが家の中に入ってきたなど、どうしても追い払いたい場合は距離をとって長い棒で追い払うと言われますが、、、秒速2.52mだとすると、はっきり言って無理(;´Д`)
とにかく、林や草むらには近づかないことが賢明でしょう(>_<)

ヘビは、必要以上に攻撃をしてくることはありませんが、ヘビ自身が危険を感じて身を守ろうとした時には、攻撃される恐れがあります。とにかく、ヘビを見かけた際は蛇の姿を確認しようと近づいたり、刺激を与えないで、すぐに警察などに連絡をしてくださいね!

いざという時のために👇

蛇の忌避剤👇

スポンサーリンク




アミメニシキヘビが居そうな場所は?

アミメニシキヘビは夜行性で、日中は木の洞(ほら)や草むら、茂みなどに潜んでいる可能性があります。また泳ぐのも得意なので、水槽や池などにいる可能性もありますので、近づかないように気を付けて下さい。見つけた場合は確認などせず、警察などに連絡するようにしてくださいね!

横浜市動物愛護センターの担当者によると、逃げ出したアミメニシキヘビは28度位の気温を好むため、冷え込む朝晩は動きが鈍くなります。餌となるネズミや爬虫類、昆虫なども食べるので、日本でもしばらくは生き伸びることが可能なようです。

このヘビは、28度ぐらいの暑さを好んでおり、朝夕に冷え込むと動きが鈍くなるでしょう。ネズミなどの小動物のほか、昆虫もエサにしているので、日本でも、しばらくは生きていける可能性があります。行動範囲は広くないとされてはいますが、戸塚区の近隣でも出没する可能性はゼロではないと思います。夜行性で、昼間は茂みに隠れていますので、注意が必要です

ソースはこちら➡ヤフーニュース

 

スポンサーリンク




アミメニシキヘビの移動距離や行動範囲は?のまとめ

以上、アミメニシキヘビの移動距離や行動範囲は?をお送りしました。

繁殖期のニシキヘビのオスの場合、1日の移動距離は1.2km程度。繫殖期以外であれば、200m程度と意外と移動範囲は狭いようです。

移動速度については、一部の記事ではニシキヘビの若い個体で1秒間に2.52mで移動するという記録もあります。かなりの速さですね(;’∀’)

アミメニシキヘビを見かけたら、とにかく近づかず、刺激を与えず、すぐに警察に連絡をしてください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
火事や災害
豆母をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
気になるコトを調べ隊

コメント

タイトルとURLをコピーしました