びわ湖毎日マラソンが消滅する理由や今後の展開は?

びわ湖毎日マラソン 消滅 中止 理由 駅伝マラソン

1946年に始まったびわこ毎日マラソンが、今月2月28日似行われる第76回大会を最後に消滅します。この記事では、びわこ毎日マラソンが今年限りで消滅する理由について、さらには今後の代表選考などの展望を調査しました。

スポンサーリンク

びわ湖毎日マラソンが今年で消滅する理由や今後の展望は?

びわ湖毎日マラソン大会は、日本陸上競技連盟が開催するワールドアスレティックス(国際陸連)ゴールドラベルの男子のマラソン大会で、福岡国際マラソン、東京マラソンと並んで男子の日本3大マラソンの1つと言われてきました。

さらに、びわ湖毎日マラソン大会は、オリンピックや世界選手権など国際大会の代表選手選考会として、たくさんの代表選手を輩出してきました。

12年ロンドンオリンピック、16年リオデジャネイロオリンピックとも、2人の代表選手を輩出し、その前身である毎日マラソン時代の64年、68年大会は上位3人がそのままオリンピック代表選手となりました。代表争いの最終決戦としてのマラソン大会であり、そのプレッシャーをはねのけたたくさんのランナー達が、世界へと羽ばたきました。

ところが、ここ数年は、好記録が続出する東京マラソンに押されてしまい、話題性も乏しかったため、びわ湖毎日マラソンの存在意義が問われてきました。

(東京マラソンで記録が出やすくなった背景には、17年にコースが変更されたため)

2018年には設楽悠太(ホンダ)や、2020年には大迫傑(ナイキ)が日本新記録を更新し、記録更新を狙うトップランナーは、東京マラソンに流れてしまいました。

しかも残念なことに、過去2年のびわ湖毎日マラソンは、名古屋ウィメンズマラソン大会の日程と重なってしまい、びわ湖毎日マラソンの影が更に薄くなってしまいました。

その結果、びわ湖毎日マラソン大会は今回の第76回大会をもって消滅し、今後は大阪マラソンが、代表選考レースに格上げされる案が有力視されています。

大阪マラソンは、東京に次ぐ規模の大きなマラソンで、約3万5000人が大阪の町を走る都市型市民マラソン。そこに「代表選考会」が加わる可能性が高いとのとこです。

 

こちらの記事も合わせてどうぞ👇

びわ湖毎日マラソン2021の優勝予想や注目選手

スポンサーリンク




びわ湖毎日マラソンが消滅する理由や今後の展開のまとめ

ここ数年は、好記録が出やすい東京マラソンに押されてしまい、話題性も乏しかったため、びわ湖毎日マラソンの存在意義が問われてきました。

また、過去2年は名古屋ウィメンズマラソン大会の日程と重なってしまい、びわ湖毎日マラソンの影が更に薄くなってしまいました。

びわ湖毎日マラソン大会に出る選手が減ってしまい、今後は大阪マラソンがに「代表選考会」として機能する可能性が高いようです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました