大東文化大学女子駅伝部メンバー2021の出身高校やかわいい注目選手!

駅伝マラソン陸上

この記事では、大東文化大学女子駅伝部2021の主要メンバー、かわいい注目選手を紹介します。

スポンサーリンク

大東文化大学女子駅伝部2021のかわいい注目選手

大東文化大学女子駅伝部のかわいい注目選手は、秋田県大仙市出身の鈴木優花選手(4年)と埼玉県出身の四元桃奈(よつもとももな)選手(1年)を上げたいと思います。

鈴木優花選手は、2019年夏季ユニバーシアードハーフマラソンの個人・団体金メダリスト。2020年シーズンの全日本大学女子駅伝では、最終アンカー区間の6区で、名城大学の高松智美ムセンビ選手を抑えて区間新をたたきだし、一人抜いて準Vに大きく貢献しました。さらに、年末の富士山女子駅伝ではエース区間の5区で名城大学のエース加世田梨花選手を抑え区間賞の快走で、大東文化大の準優勝に貢献しました。大学二大駅伝を6回走ってそのうち、5度の区間賞を獲得した大東文化大の大エースです。2021年は、最終学年の4年となり春ごろからケガの影響で調子が上がりませんでした。が、夏合宿を機に調子が戻り、9月の日本インカレ10000mでは、32分04秒の大会新記録で圧勝し、全日本大学女子(杜の都)駅伝では最長区間の5区を任されました。拓殖大学のスーパールーキー不破聖衣来選手に敗れて4年連続の区間賞は逃しますが、5位で受けとったタスキを2位まで押し上げる快走を見せました。大学最後の全国大会となる富士山女子駅伝での快走が楽しみです。

真ん中が鈴木選手⤵

四元桃奈(よつもとももな)選手は、埼玉県昌平高校出身の1年生です。女優の中条あやみ似の美人ランナーです⤵

スポンサーリンク




大東文化大学女子駅伝部メンバー2021の出身校一覧

鈴木優花(4年)

大東文化大女子駅伝部のキャプテン。

読み方:すずきゆうか
出身:秋田県大仙市
高校:昌平高校
生年月日: 1999年9月14日(22歳)
自己ベスト: 5000m15分37秒71、10000m31分37秒88、ハーフマラソン1時間11分27

こちらの記事も合わせてどうぞ⤵

鈴木優花(大東文化大)の出身高校や中学は?身長や体重を調査!
この記事では、大東文化大学のエース・鈴木優花選手の出身高校や身長、体重を調査します。

吉村玲美(3年)

9月に行われた日本インカレ3000m障害で、日本歴代2位の9分41秒43をマークしています。

読み方:よしむられいみ
出身:神奈川県
高校:白鵬女子高校
自己ベスト: 1500m4分18秒40、3000m9分08秒93、5000m15分48秒96、3000m障害9分41秒43

四元桃奈(1年)

読み方:よつもとももな
出身:埼玉県大宮市
高校:昌平高校
中学:さいたま大宮西中学
自己ベスト:1500m4分29秒52、3000m9分22秒19、5000m16分32秒11

鈴木日菜子(1年)

読み方:すずきひなこ
出身:東京都
高校:城西大城西高校
中学:さいたま大宮西中学
自己ベスト:1500m4分29秒34、3000m9分41秒29

藤原唯奈(1年)

読み方:ふじわらゆな
出身:栃木県
高校:白鷗大足利高校
自己ベスト:3000m9分27秒56、5000m16分19秒16

山賀瑞穂(3年)

読み方:やまがみずほ
出身:埼玉県
高校:埼玉栄高校
自己ベスト:3000m9分33秒49、5000m15分49秒88

\こちらの記事も合わせてどうぞ/

\駅伝をもっと楽しみたい方はこちらをどうぞ/


スポンサーリンク
スポンサーリンク
駅伝マラソン陸上
豆母をフォローする
スポンサーリンク
気になるコトを調べ隊

コメント

タイトルとURLをコピーしました