古川佳奈美がかわいい!知的障害を伴う自閉症とは?

スポーツ選手

東京パラリンピック、卓球の知的障害クラスに出場の古川佳奈美選手がかわいいと話題です。古川選手の障害が分かったのが9歳の時ですが、中学から始めた卓球で実力を開花させました。
この記事では、そんな古川佳奈美選手のカワイイ画像や、古川選手の知的障害を伴う自閉症についてまとめました。

スポンサーリンク

古川佳奈美のかわいい画像やプロフィール

古川佳奈美選手は、1997年生まれ、福岡市出身のパラアスリートです。古川佳奈美選手のかわいい画像を紹介します。

名前:古川佳奈美(ふるかわかなみ)
生年月日:1997年7月27日
年齢:24歳※2021年8月時点
身長・体重:162㎝・48㎏
利き手:右
出身:福岡市
学歴:福岡市立和白中学校→立花高等学校
所属:博多卓球クラブ、えんコミュニケーションズ
引用→ウィキペディア
スポンサーリンク



古川佳奈美の知的障害を伴う自閉症について

古川佳奈美選手の障害は、小学4年の時に、専門機関にて軽度の知的障害と自閉スペクトラムの合併症の診断を受けていらっしゃるとのこと。

自閉スペクトラムの方は見た目が他の方と変わりません。SNSでも上がっていますが、どこが障害なの?と不思議に思っている方も多数見受けられました。

そうなのです。自閉スペクトラムというのは、見た目ではほとんど見分けることはできません。

だからこそ、支援の手を差しのべられることが少ない障害だとも思います。

インタビューでお母様の倫子さんが答えていたように、子供の頃から育てづらい、妹の真似しかしないと言っていたように、ちょっと他の子と何かが違うのです。

簡単に言うと脳のタイプが一つのことをピンポイントで捉える脳のタイプが自閉スペクトラムで、世の中の大多数の方の脳は一度に複数のことをする脳タイプなのです。また、スペクトラムというのは、連続性という意味で、世の中の人の脳がスペクトラム脳とそうでない脳というものではなく、傾向が強い⋙中位⋙弱い、というように連続性があります。

ちょっとややこしいですね💦スペクトラムは、誰もが持っている性質(特質)なのです。

脳の捉え方として一つのことをクローズアップしてとらえる脳のタイプなので、みんなが当たり前にできる事が出来ないなどがあります。きっと古川佳奈美さんご本人も生きづらさを感じていらっしゃるのだとお察しします。パラリンピックでは、知的障害ということでクラス11というクラスでの戦いになります。卓球台の白球を追って活躍する姿、応援したいと思います。

古川佳奈美がかわいい!知的障害を伴う自閉症とは?のまとめ

以上、古川佳奈美選手がかわいい!知的障害を伴う自閉症とは?についてお送りしました。

古川佳奈美さんの障害は、軽度の知的障害と自閉スペクトラムの合併症の診断を受けています。パラリンピックでは、知的障害ということでクラス11での戦いになります。

これからも古川佳奈美さんの活躍を応援していきたいと思います。

こちらの記事も合わせてどうぞ👇

\パラリンピックをもっと楽しみたい方はこちら/


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ選手
スポンサーリンク
豆母をフォローする
気になるコトを調べ隊

コメント

タイトルとURLをコピーしました