戸塚区アミメニシキヘビが脱走した場所!飼い主インスタやブログは?

火事や災害

横浜市戸塚区名瀬町のアパートの一室から、ペットとして飼育されていたアミメニシキヘビが逃げ出しました。アミメニシキヘには毒はありませんが、体長3.5m体重13kgと巨大で締め付ける力が強く人に危害を加える可能性があります。アミメニシキヘビが逃げ出した場所はどこでしょうか?この記事では、戸塚区でアミメニシキヘビが脱走した周辺地図、飼い主のインスタやブログを調査しました。記事の後半にはヘビの捜索の動画を掲載しているので合わせてご覧ください。

2021年5月22日追記➡アミメニシキヘビ、飼われていたアパートの屋根裏で無事、発見されました!

スポンサーリンク

横浜市戸塚区でアミメニシキヘビ脱走!場所や地図は?

アミメニシキヘビが逃げ出した場所は、神奈川県横浜市戸塚区名瀬町の住宅街にあるアパートの一室です。飼育していた20代男性のアパートの南側には林が広がり、道を隔てた北側には名瀬グリーンゴルフ場、東側には名瀬小学校があります。

地図ではこの辺りになります👇

いざという時のために👇

蛇の忌避剤👇

アミメニシキヘビの生態や隠れている場所は?

アミメニシキヘビは、オオアナコンダと並んで世界最長のヘビと言われており、今までに確認された最長のアミメニシキヘビは、なんと9.9m!
平均体調は5mとのことなので、今回逃げ出したアミメニシキヘビは、体調3.5mと平均よりはやや小さめのようです。とはいえ、締め付ける力は強力ですから危険です!今回、逃げ出したアミメニシキヘビの色は黄色。住む地域によって、身体の色は異なるようです。

アミメニシキヘビの餌は、爬虫類、鳥、哺乳類などの動物食で、飼育する際はマウスなどを餌として与えるようです。

アミメニシキヘビの生息地は、インドネシアやマレーシア、インドなど主に熱帯雨林に生息しており、日中は木の茂みや木の洞(ほら)や畑、耕作地、水の中で休んでいます(アミメニシキヘビは夜行性)。

今回、アミメニシキヘビが逃げ出した地域は、山林が多く、捜索は難航するのではないかと思われます。

もし発見した場合には、近づいたり触ったりせず、警察に通報するようにしてください!

スポンサーリンク




アミメニシキヘビ飼い主のインスタやブログは?

今回、脱走したアミメニシキヘビの飼い主のインスタやブログは、特定することはできませんでした。

一部では、アミメニシキヘビ飼い主のブログ記事ではないかというブログ内の画像が流出しています。こちら👇
https://dotup.org/uploda/dotup.org2467131.jpg

 

ヘビが逃げ出した経緯は、5月6日、飼い主が外出から帰宅したところ、ケージの扉が開いており、網戸にしていた窓が開いていました。午後9時25分頃、「家に帰ったら、飼っていたヘビがいなくなっていた」と神奈川県警戸塚署に、飼育者本人が通報をした模様。
翌5月7日の朝から、戸塚署員14人が付近の山などを捜索しています。

飼育していた男性は5月8日の夕方には報道取材に応じ、謝罪しました。男性はアミメニシキヘビの飼育の許可を受けてはいたものの、飼育ケージについては許可を受けたガラス製のケージではなく、木製の簡易的なケースで飼育したことが判明しており、合わせて謝罪を行っています。

逃げたヘビによって何らかの危険が発生してしまうことが一番あってはならないことだと思っています。自分の管理の甘さで近隣の方に迷惑をかけておわびします

ソースはこちら➡NHKニュース

世間の声は👇

脱走から3日目の朝から、警察捜査官と共にアミメニシキヘビの捜索に加わっています。ヘビ飼い主を特定したところで、逃げ出したアミメニシキヘビが見つかる訳でもありませんので、これ以上の調査は進めませんでしたm(__)m

一刻も早くアミメニシキヘビが見つかることを願います。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
火事や災害
豆母をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
気になるコトを調べ隊

コメント

タイトルとURLをコピーしました