広田思乃のwikiプロフ!出身高校や大学はどこ?

スポーツ選手

広田思乃さんは、那須トレーニングファームに所属する障害馬術選手で、夫や息子と共に障害馬術のトップ選手として活躍しています。障害馬術は男女の垣根のない競技で、男女で戦える競技です。そんな世界に身を置く広田思乃さんはいったいどのような方なのでしょうか?

そこで今回は広田思乃さんについて、wikiプロフィール・出身高校、大学についてまとめました。

スポンサーリンク

広田思乃のwikiプロフ

 

この投稿をInstagramで見る

 

👍😎👍 森 たいぞー : Taizo_Mori(@taizo_mori)がシェアした投稿

名前:広田 思乃(ひろた しの)
生年月日:1983年9月1日
年齢:37歳(2021年7月時点)
出身:秋田県
家族:夫・息子
職業:社会福祉士
所属:那須トレーニングファーム
2018年全日本障害飛越選手権 優勝
2019年ワールドカップジャンピングファイナル出場

スポンサーリンク




広田思乃の出身高校や大学はどこ?

広田思乃さんは、普段は夫婦で運営している那須トレーニングファームを拠点に障害馬術の選手として活動する他に、社会福祉士ととしても活躍しています。

そんな広田さんの出身高校は地元秋田県の角館高等学校です。進学先に角館高校を選んだのは、角館高校の馬術部の写真がきっかけでした。広田思乃さんはもともと体が弱く病気がちでスポーツとは無縁の少女時代でした。そんな思乃さんが角館高校の馬術部の写真を見た時、『馬なら乗ってもいいんじゃないか』と勝手に思って乗馬部に入部。日々、馬の世話で楽しかったのですが、高校入学半年後には病気で入院を余儀なくされました。友達も居なかった時に思乃さんを受け入れてくれたのが馬たちでした。
で復学した広田思乃さんは、2001年の宮城国体で秋田県勢で初優勝を飾ります。

高校卒業後は、子供の福祉施設で働きたいという目標があったので、栃木県の国際医療福祉大学に進学

途中、出産や育児などを経て、2010年、2011年にはJRAホースショーグランプリ大障害で2連覇を果たしています。2010年、千葉国体成年女子標準障害飛び越え優勝、2011年、山口国体成年女子トップスコア優勝。
2018年には全日本障害馬術大会チャンピオン(女性では3人目の快挙)、2019年にはスウェーデンで開催されたワールドカップに出場してアジア人女性で初の決勝進出を果たします。

夫は障害馬術競技で2000年シドニーオリンピック出場の広田龍馬さん(2021年7月時点44歳)。

息子広田大和(やまと)さんも、両親の影響で小学5年から障害馬術競技をスタートしており、2019年の中学時代には『全日本ジュニア障害馬術大会』で優勝するなど活躍しています。
那須塩原市長から、親子3人揃っての『市長特別賞』受賞という快挙を成し遂げます。

那須トレーニングファームは、夫・龍馬さんの父が脱サラをして土地を買って開拓した牧場で、現在は広田龍馬さん・思乃さん夫婦の2人が運営しています。

思乃さんはこの牧場で、馬術競技場としてだけではなく、ホースセラピーという社会福祉士の活動にも力を入れています。
ホースセラピーは、乗馬や馬の手入れを通して、精神機能や運動機能を向上させることを目的としたセラピープログラムです。

思乃さんがホースセラピーを始めたのは、自身の体験から馬と触れ合うことで悩みや不安が軽減すると考えたからでした。

馬って見ているだけでも、崇高というか、癒やしの存在ですよね!

乗馬や馬のお世話を通じて、セラピーを受ける方の気持ちも軽くなりそうですね!

それでは最後になりますが、広田思乃さん親子の動画を紹介します▼

スポンサーリンク




広田思乃のwikiプロフ!出身高校や大学はどこ?のまとめ

以上、広田思乃のwikiプロフ!出身高校や大学はどこ?をお送りしました。

広田思乃さんは秋田県出身の1983年9月生まれの37歳(※2021年7月時点)。出身高校は公表されていませんが地元が秋田県なので秋田県の高校に通っていたのではないかと思います。高校卒業後は、栃木県の国際医療福祉大学に進学し、社会福祉士の勉強をしました。

現在、広田思乃さんは、馬術競技の選手として那須トレーニングファームで活動するにとどまらず、社会福祉士としても活躍し、更には、トレーニングファームでもホースセラピーを行っています。

ジュニアチャンピオンの広田大和くんの記事はこちら👇

広田大和の身長などwikiプロフィールや中学!父母が凄い!動画あり

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ選手
豆母をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
気になるコトを調べ隊

コメント

タイトルとURLをコピーしました