柔道混合団体決勝戦の時間は何時から?出場選手は?

スポーツ選手

東京2020大会の新種目・柔道混合団体で、日本代表が決勝進出を果たしました。柔道競技10個目の金メダルが期待されます。この記事では、柔道混合団体決勝戦の時間が何時からか紹介します。

スポンサーリンク

柔道混合団体決勝戦の時間は何時から?

柔道混合団体決勝戦は、7月31日(土)の午後6時30分〜となっています。

東京2020オリンピックNHKタイムテーブルより

 

午後5時より、混合団体3位決定戦A、混合団体3位決定戦B、混合団体決勝が順次、行われます。
日本代表は決勝でフランスと対戦します。

スポンサーリンク




柔道混合団体決勝戦の出場選手は?

決勝のメンバーはこちら👇

 

☑日本代表選手一覧

  • 男子60キロ級:高藤直寿
  • 男子66キロ級:阿部一二三
  • 男子73キロ級:大野将平
  • 男子81キロ級:永瀬貴規
  • 男子90キロ級:向翔一郎
  • 男子100キロ級:ウルフ・アロン
  • 男子100キロ超級:原沢久喜
  • 女子48キロ級:渡名喜風南
  • 女子52キロ級:阿部詩
  • 女子57キロ級:芳田司
  • 女子63キロ級:田代未来
  • 女子70キロ級:新井千鶴
  • 女子78キロ級:浜田尚里
  • 女子78gキロ超級:素根輝

東京オリンピックの新種目である柔道混合団体は、男女それぞれ3階級ずつ、合わせて6階級でチームを組み、対戦します。
先に4勝した国が勝ちです。
日本は、初戦の準々決勝でドイツと対戦しました。
日本は、女子57kg級で出場した1人目・阿部詩選手が指導3つをうけ反則負けとなり、続く2人目の男子73kg級では、五輪で二連覇中の大野将平選手が試合終盤に「体落とし」で技ありをとられ、挽回できないまま敗れるというまさかの波乱の展開となりました。しかし、その後日本は4連勝し、4対2で樹年決勝に駒を進めました。

続く準決勝では、ロシアオリンピック委員会(ROC)と対戦。
1人目の男子73kg級、大野将平選手が「横車」を決めて一本勝ち、そのまま4連勝し、4対0で勝って決勝進出を決めました。

決勝で負ければ銀メダル、勝てば金メダル獲得です。

柔道の最終競技で、新種目の混合団体で初のメダルが取れるか!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ選手
スポンサーリンク
豆母をフォローする
気になるコトを調べ隊

コメント

タイトルとURLをコピーしました