一級建築士(学科)の解答速報(2021年7月)・合格基準まとめ

入試・資格試験

この記事では、令和3年7月11日(日)に行われた一級建築士(学科筆記試験)の合格基準、予備校等の解答速報のリンクや受験生の感想をまとめました。

スポンサーリンク

一級建築士の合格基準

毎年、問題の難易度により合格基準は変動。

下記の合格基準一覧は、過去二年の合格基準と合格率👇

2020年度(令和2年度)の一級建築士の受験者は30,409名、合格者は6,295名、合格率は20.7%。
2019年度(令和元年)より2.1%下がっています。
合格基準点は、計画が11/20点、環境・設備が10/20、法規、構造が16/30点、施工13/25点、総合88/125点

計画(点) 環境設備(点) 法規(点) 構造(点) 施工(点) 総得点(点) 合格率
R2年 11/20 10/20 16/30 16/30 13/25 88/125 20.7%
R元年 11/20 11/20 16/30 16/30 13/25 97/125 22.8%

※2020年の試験問題は例年と比べ、学科Ⅱの難易度が高く、また全体的に難易度が高かったことから、基準点の補正が行われています。

引用:日建学院

一級建築士の解答速報

一級建築士(学科試験)解答速報
⋙コスモ建築塾1級建築士(学科)の解答速報

一級建築士の受験生感想

ここからは、一級建築士の受験生の皆さんの感想を紹介します。随時、追記いたします。



スポンサーリンク
スポンサーリンク
入試・資格試験
豆母をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
気になるコトを調べ隊

コメント

タイトルとURLをコピーしました