弁理士試験(短答式)の解答速報(7/18)合格基準や感想まとめ

入試・資格試験

この記事では、令和3年7月18日の弁理士試験(短答式)の解答速報、合格基準、受験生の感想をまとめました。

スポンサーリンク

弁理士試験(短答式)の合格基準

短答式筆記試験の合格基準

満点に対して65%の得点を基準として、工業所有権審議会が相当と認めた得点以上であること。ただし、科目別の合格基準を下回る科目が一つもないこと。科目別合格基準は各科目の満点の40%を原則とする。

引用;jqos.jp

論文式筆記試験

必須科目
標準偏差による調整後の各科目の得点の平均が、54点を基準として工業所有権審議会が相当と認めた得点以上であること。47点未満の得点の科目が一つもないこと。

選択科目
科目の得点が満点の60%以上であること。

引用;jqos.jp

口述試験

採点基準をA、B、Cのゾーンに分け、Cゾーンの評価が2つ以上ないこと。

引用;jqos.jp

弁理士試験(短答式)の解答速報

LEC東京リーガルマインド
弁理士短答試験 解答速報

スポンサーリンク




弁理士試験(短答式)の受験生の声




スポンサーリンク
スポンサーリンク
入試・資格試験
豆母をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
気になるコトを調べ隊

コメント

タイトルとURLをコピーしました