今年の漢字2022の発表日はいつ?歴代の意味一覧まとめ

エンタメ

12月になると、その年の世相を漢字一字で表す「今年の漢字」が発表されます。毎年楽しみにしている方も多いと思いますが、今年の漢字2022の発表はいつなのか、歴代の今年の漢字の意味が気になる方が多いようです。この記事では、今年の漢字2022の発表日や歴代の漢字の意味を一覧にしてまとめました。

今年の漢字2022の発表日はいつ?

今年の漢字2022の発表は2022年12月12日(月)の午後2時です!

余談ですが、日本気象協会の気象予報士が選ぶ「今年の天気を表す漢字」は『暑』でした。今年の夏は毎日、暑さや熱中症との闘いでしたね。

駐車場検索のakippaさんがユーザーに予想する今年の漢字を聞いてみた結果はこちら👇

第1位『戦』(8.6%)
第2位『高』(7.0%)
第3位に『争』(4.5%)
第4位に『安』(3.4%)
第5位に『乱』(2.0%)

ランク外では、6位に「円」、「変」(1.9%)、8位に「耐」(1.6%)があがっていました。

引用:マイナビニュース

スポンサードリンク




歴代『今年の漢字』と意味一覧

2021年の今年の漢字と意味

2021年の今年の漢字は『金』でした。長引くコロナ禍の中で開催された東京五輪オリンピックで日本人選手が活躍して、たくさんの『金』メダルを獲得したことや、大谷翔平選手の大リーグMVP受賞、松山英樹選手の日本人初のマスターズ優勝『金』星、将棋では藤井聡太棋士の最年少四冠達成等、国内外で『金』字塔が打ち立てられたことに由来します。

2020年の今年の漢字と意味

2020年の今年の漢字は『密』でした。
世界中が新型コロナウィルス感染症の影響を受けた1年となり、『3密』という言葉ができ、生活や行動様式が『密』にならないように意識して過ごしました。東京都知事の小池百合子さんが、手で報道陣を制止ながら『密です!』と発言したことが報道で取り上げられ、印象に大きく残りました。また、政治判断が『密』室で行われた事や、芸能人の『密』会報道なども印象に残った様子からも『密』が選ばれたようです。

2019年の今年の漢字と意味

2019年の今年の漢字は『令』でした。
新元号『令』和に新時代の希望を感じた一年ということで、『令』が選ばれました。
『令』和が日本最古の歌集 万葉集からの出典で、海外には『Beautiful Harmony=美しい調和』と説明されたことから注目が集まりました。また、法『令』改正、法『令』順守、警報発『令』、避難命『令』でも使われた年でした。

2018年の今年の漢字と意味

2018年の今年の漢字は『災』でした。
北海道胆振東部地震、大阪府北部地震、島根県西部地震、西日本豪雨、台風21号や24号の直撃、記録的猛暑など、自然『災』害の多かった一年でした。
『災』害を経験したことから、防『災』の意識が高まり、たくさんの人が自助共助の大切さを再認識した年となりました。
『災』の他、仮想通貨の流出、スポーツ界でのパワハラ、財務省決裁文書の改ざん問題、大学不正入試などの事件が発覚し、これらの出来事を人『災』『災』いと捉えた人が多かったという背景も考えられました。

\キャンペーン実施中/

 ※画像をクリックするとアマゾンに移動します

 

スポンサーリンク
エンタメ
豆母をフォローする
スポンサーリンク
気になるコトを調べ隊

コメント

タイトルとURLをコピーしました