クイックジャパンいじめ紀行村上清の現在やwiki!世間の声は?

人物

小山田圭吾氏のイジメ問題が連日話題となっています。
小山田氏のいじめ告白は記事は雑誌『ロッキング・オン・ジャパン』と『クイック・ジャパンVol3』に掲載されましたが『ロッキング・オン・ジャパン 』の山崎洋一郎編集長は7月18日に謝罪しました。一方の村上清氏は一体どんな人なのでしょうか?この記事では、村上清ライターのwikiプロフィールや経歴、世間の声を調査しました。

スポンサーリンク

村上清ライターのwikiや現在

村上清ライターのwikiや経歴についても詳細は不明ですが、1971年生まれの50歳前後の年齢です。小山田氏より2学年ほど下の学年です。

現在、太田出版書籍編集部に在籍しているとの噂をキャッチしています👇

1995年1月の『ロッキング・オン・ジャパン』に掲載された小山田圭吾氏のイジメのインタビューを読んだ村上清氏が、後に『クイック・ジャパン』vol. 3号(1995年8月)で22ページにも航る「村上清のいじめ紀行」という記事を書きます。
その中で村上清氏は”いじめとはエンターテイメント”と定義しており、いじめた側の人がその後、どんな大人になったか、いじめられた側の人がその後、どうやってイジメを切り抜けて生き残ったのか、という興味関心から『イジメた人といじめられた人との対談』を企画。

その対談を実現するために、いじめられていた生徒に手紙や電話をかけて、挙句の果てにはアポ無しで自宅を訪問するという事態に。
もちろん、この対談は実現せず(断られて当然だと思う)、小山田圭吾さん本人のみのインタビューとなりました。

太田出版で思い出したのが、1995年兵庫県神戸市で起こった酒鬼薔薇聖斗および少年Aの手記『絶歌』を出版したのがこの太田出版でした(2015年出版)。

私自身も、以前この本を読みましたが、、、被害者遺族の気持ちを踏みにじる内容だったことを思い出しました。『いじめ紀行』そのものは、1995年7月に発行されていますが、2012年にわざわざ、復刻しているわけです。ということは、2012年時点では悪いことだと謝罪の気持ちはなかったということではないでしょうか。

小山田圭吾氏に対しての怒りもありますが、クイックジャパンのいじめ紀行を企画しインタビューした村上清に対しても負の感情がぬぐえません。

スポンサーリンク




いじめ紀行村上清への世間の声は?

村上清氏と直接関わりのあった方も👇

スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物
豆母をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
気になるコトを調べ隊

コメント

タイトルとURLをコピーしました