おちょやんのロケ地はどこ?富田林・河内長野市・京都・滋賀を調査!

おちょやん

この記事では、千代の幼少期「おちょやん」の撮影に使用されたロケ地について調査してまとめてみました!

スポンサーリンク

おちょやんのロケ地は滋賀県愛地川!

愛地川河川敷は、第1話、3話、4話でも登場しますが、第5話で奉公に出ていく千代ちゃんと父テルヲ(トータス松本)とのラストシーンで使われました。場所は、滋賀県東近江市です。

「うちは捨てられたんやない!うちがあんたらを捨てたんや!」のシーンです。

 

この河川敷は、様々なドラマのロケ地として使用されていますが、おちょやんでは大正時代ののどかな田舎のシーンとして選ばれました。

おちょやんのロケ地は富田林の春日神社!

千代が幼少期に過ごした富田林市のロケ地は、こちらの春日神社です。

竹林がとても美しいです♪

かぐや姫は竹から生まれたので竹林がよく似合う!?

竹林での撮影は寒かっただろうなぁ(;’∀’)

 

千代ちゃんが少しだけ通った小学校の駆けっこのシーンは、ここですね▼

地図はコチラ▼

 

スポンサーリンク




おちょやんのロケ地 河内長野の撮影場所は?

市ではNHK連続テレビ小説「おちょやん」の撮影を支援しました。市内での撮影は令和2年3~6月に行われました。

ソースはコチラ▼
大阪府河内長野市役所

 

詳しいロケ地は公表されていないので残念ながら、撮影場所を特定することはできませんでしたm(__)m

おちょやんのロケ地 千代が通った小学校は?

千代ちゃんが少しだけ通った小学校は、富田林の小学校の設定で、滋賀の定番ロケ地・豊郷小学校旧校舎群で撮影が行われました。

豊郷小学校旧校舎群では小学生の主人公 千代(毎田暖乃)の通っている富田林の小学校として、滋賀の定番ロケ地である豊郷小学校旧校舎群が選ばれました。
机や椅子も時代設定に合うものに入れ替えを行って撮影が行われました。
千代が学校の先生に別れを告げるシーンで登場しました。
全国の朝ドラファンの皆様に豊郷小学校旧校舎群の素晴らしい雰囲気を楽しんで頂きたいと思います。

ソースはコチラ▼
滋賀ロケーションオフィス

最後に小林先生にお別れした教室でのシーンも泣きそうになったなぁ(*´з`)

 

▼千代ちゃんが岡安のミツエちゃんに弁当を届けるシーンでも使われているかな?!

〒529-1169 滋賀県犬上郡豊郷町石畑518

Google マップ

スポンサーリンク




おちょやんロケ地 道頓堀の撮影は松竹撮影所(京都)

千代が生まれ故郷の富田林を出て、奉公に出た先の道頓堀のセットは、京都にある松竹撮影所でロケが行われました。しかも、このSNSにも書いてあるように、松竹撮影所の駐車場に建てられ、撮影終了後に取り壊し現在は残っていません(T_T)

もったいない(;^_^A一般公開してほしかった!

たったの80mに濃いエキスがギューっと詰まった道頓堀セット!
NHKの美術スタッフさん、素晴らしいセットをありがとう!

松竹撮影所

スポンサーリンク




おちょやんのロケ地はどこ?富田林・河内長野市・京都・滋賀のまとめ

以上、NHK朝の連続テレビ小説「おちょやん」のロケ地はどこ?富田林・河内長野市・京都・滋賀を調査!をお送りしました。

自然豊かな富田林、河内長野から、一転、街中道頓堀へと舞台が変わりましたね!

今後のドラマの展開が楽しみです♪

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました