おねしょ布団 雨の日でも匂いを上手にとる処理方法や干し方

雨の日や忙しい日に限って、おねしょしませんか⁈
おねしょの匂いやシミ汚れは、時間が経てばたつほど取れなくなります💦
悩みの種のおねしょ布団ですがコツさえ分かっていると、意外と簡単に対処できます♪
この記事では、雨の日のおねしょ布団の臭いを上手にとる手順やコツを紹介します。

スポンサーリンク

おねしょ布団は干すだけでOK?

結論から言うと、オネショ布団は干すだけでは、
布団のアンモニア臭が取れないし、シミになります!

時間の許す限り、尿の水分を追い出す作業を行ってください。

おねしょ布団を放置すると、耐えられないほどつーーんと匂います💦

その強烈なにおいで寝られなくなります(;^ω^)

ですが!コツさえ分かっていれば、簡単です♪

そのコツを紹介していきます。

おねしょの水分を吸い取る

まず、タオルや雑巾でぬれた部分を上下にはさんでおねしょの水分を吸いとります。

布団の下にタオルや雑巾(古新聞でもOK)を広げます。

その上に布団を置き、上から別のタオルで押さえるような感じで水分を吸い取ります。

軽くおさえて、水分を吸い上げる感じで!

タオル(雑巾)が湿ってきたら、新しい面を布団にあてて、尿の水分をどんどん吸い取ってください!

タオルが濡れてきたら、

別の乾いたタオル(雑巾)に

どんどん交換して、

ガンガン、吸い取ってくださいね!

 

下のタオルや古新聞も湿ったらどんどん交換するとより早く吸い取れます。

可能な限り、タオルや古新聞で尿の水分を吸い取ります!

ペットシートや紙おむつがあればタオルや新聞紙の代わりにどんどん使いましょう!

半端ない吸水力ですからね( ´艸`)時短になります!

最初に、

おねしょの水分を吸い取ることで、

乾いた後の臭いの対策にもなりますよ!

 

ある程度、水分を吸い取ったら布団を風呂場かベランダに運んで、次の工程に進みます。

ぬるま湯か水で洗い流す

次に、40度くらいのぬるま湯シャワーで濡れた部分を洗い流します。

熱湯や熱いお湯は使っちゃ、

ダメですよ~!

 

どうして熱湯や熱いお湯はダメなの?

 

熱湯を使ったほうが、殺菌できそうな気がします‼

おしっこの中には

微量のたんぱく質が含まれているんです‼

そのたんぱく質が熱いお湯と反応して

固まってしまいます。

 

そうなると、ますます汚れや臭いが

落ちにくくなってしまいます💦

鼻血と同じですね!

熱いお湯は厳禁なんですね!

その通りです!

 

次に、布団の濡れた部分をお椀のようにくぼませます。

くぼんだ部分にシャワーのぬるま湯をためて、自然にシャワーのお湯が下に抜けるのを待ちます。

お湯を、布団の中を通過させて、尿の成分を布団の外に追い出す感じです。

これを2~3回、繰り返します。

この段階で、臭いが気になるようであればもう2~3回、繰り返します。

お湯で布団の中の水分を追い出した後、再び、タオルで水気を吸い取ります。

クエン酸で臭いを取ります

おねしょ布団の匂いの原因は、尿成分から発生するアンモニア

アンモニアはアルカリ性なのでアルカリを中和してくれる酸性のクエン酸を使います。


クエン酸水の作り方・使い方

  1. スプレーボトルに水200mlに入れます。
  2. クエン酸小さじ1を手順1のボトルに入れて、よく混ぜます。
  3. 水分を吸い取ったおねしょ布団にスプレーします。
  4. ひたひたになるくらい、たっぷり、スプレーします。
  5. 急ぐ時は、どぼっとかけちゃいます。
  6. 最後に、タオルで、水分をしっかり吸い取ります。

布団を乾かします

浴室に椅子を持ち込んで、椅子の上におねしょ布団をかぶせます。

布団の下に空間が出来るように!

浴室乾燥機付きなら、そのまま浴室乾燥します。

早く乾かすためには、

布団の下に空間を作ることが

大事ですね!

浴室乾燥だけでは、時間が掛かります。

サーキュレーター扇風機をさらに回します。


サーキュレーターは、首振りタイプがおススメです♪

※サーキュレーターや扇風機の電源コードは、水にぬれないように自己責任でお願いしますm(__)m

浴室乾燥がない場合

リビングのエアコン(除湿モード)で乾かします。

しずくが滴り落ちても床が濡れない程度に、タオルで水分を吸い取った後、

念のため、リビングにレジャーシートを広げます。

レジャーシートの上に椅子を置き、その上におねしょ布団を置きます。

エアコンは除湿運転にして、更にサーキュレーターを併用すると半日あれば、ある程度乾きます。

最後に、布団乾燥機で仕上げるとふっくら膨らんでめっちゃ気持ちイイですよ~ヽ(^o^)丿


おねしょ布団 雨の日でも匂いを上手にとる処理方法や干し方のまとめ

これからは、雨の日のおねしょも、大丈夫!

やり方さえ分かっていれば、イライラせずに済みます(*^^*)

  1. タオルでサンドイッチして、おねしょの水分をふき取る。
  2. 40度くらいのぬるま湯のシャワーで表面の汚れを流す。
  3. おねしょ部分の布団をおわん状にして、お湯をためてたまったお湯が流れ落ちるのを待つ。
  4. 数回、繰り返した後、タオルで水分を吸い取る。
  5. クエン酸水を作って、おねしょ部分に吹きかける。
    (手順3のように、どぼどぼと流し込むのでもOK)
  6. タオルで水分を吸い取る。
  7. 椅子の上に置いて、浴室乾燥かエアコン(除湿)、サーキュレーター併用で乾かす。
  8. 最後に布団乾燥機で仕上げて完成!

どうしても時間がない💦という方はプロにお任せ(^_^)v↓

もう自分で洗濯しなくて大丈夫!
洗濯物を専用バッグに入れるだけ。
ご自宅まで集荷・お届けに伺います。
日常の洗濯物はもちろん、毛布などの大物も対応。
ふとん丸洗いコースなら
羽毛布団も水洗い&高温乾燥で清潔に!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました