大阪国際女子マラソン2021の優勝や順位を予想!

名古屋ウィメンズマラソン 優勝予想 優勝候補 かわいい選手 注目選手 駅伝マラソン

1月31日(日)、緊急事態宣言下で行われる第40回大阪国際女子マラソン。

今回は、新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐため、大阪市内を駆け抜けるコースから長居公園内を周回するコースに変更しての開催となりました。

この記事では、大阪国際女子マラソン2021の優勝や順位を予想しました。

スポンサーリンク

大阪国際女子マラソン2021の優勝や順位の予想

大阪国際女子マラソンでは、東京オリンピック代表の前田穂南選手(天満屋)、一山麻緒選手(ワコール)の対決が注目されていますが、当ブログでもこの2人の優勝争いを予想しております。

更には、2人の直接対決によって日本記録の更新にも期待しています。

今回の大阪国際女子マラソンは、大阪市内を駆け抜けるコースからアップダウンがほとんど見られない長居公園の周回コースへ変更されただけではなく、ペースメーカーに大会史上初の男子選手が起用されました。ペースメーカーには、かつて最強の市民ランナーと呼ばれた川内優輝選手が務めます。

「五輪代表の2選手の出場」に加え、平たんな「周回コース」、「男子ペースメーカー」で、2時間19分12秒の日本記録更新を期待できそうです!

当ブログの順位の予想は、

  • 優勝☞一山麻緒選手(ワコール)
  • 2位☞前田穂南(天満屋)としました。

前田穂南選手は、昨年末12月に行われた山陽女子ロードレースでは、1時間10分39秒で9位に終わりました。その4日後、左足に痛みを感じたため練習を中断しており、足の具合が気になるところです。

  • 3位予想☞岩出玲亜選手、自己ベスト 2時間23分52秒
  • 4位予想☞谷本観月選手(天満屋)2時間25分28秒
  • 5位予想☞池満綾乃(鹿児島銀行)自己ベスト 2時間26分07秒
  • 6位予想☞山口遥(AC・KITA)自己ベスト 2時間26分35秒
  • 7位予想☞和久夢来(ユニバーサルエンターテイメント)自己ベスト2時間33分03秒

一山麻緒(ワコール)

一山麻緒選手は、2020年3月の名古屋ウィメンズマラソンで、日本人国内で歴代最速タイム2時間20分29秒で優勝し、東京オリンピックへの出場権を得ました。

体幹がしっかりしており、スピードに乗れるようなバランスの良いフォームと言われています。

1年延期に対しても、その分、練習する時間が増えると前向きなメンタルも強さの秘訣なのか、その言葉通り自己ベストを更新しています☟

  • 2020年7月  5,000m15分06秒66
  • 2020年12月10,000m31分11秒56

今、日本記録に一番近い存在と言えそうです。

2019年7月の函館ハーフマラソンでは1時間8分49秒で優勝しますが、同年9月MGCでは13㎞地点から失速し、自分の思い描いたレースが出来ませんでした。それまでの一山選手は、どうせ言ってもダメだろうと自分が思ったことを監督に言えなかったと、あるインタビューで告白しています。それではダメだと思い、勇気を出して自分の考えていることを監督に伝えるように意を決し、アメリカでの高地合宿を希望していることを伝えてから、変化したとの事でした。2020年11月の全日本実業団駅伝では、それまで福士加代子が務めてた5区を任されます。区間3位の6人抜きという快走でアンカーの福士加代子選手にタスキをつなぎ、福士選手も3人を抜いて区間2位の快走でワコールは4位という良い結果に終わりました。

大阪国際女子マラソンでも、最後まで力を出し切って欲しいですね!

前田穂南(天満屋)

兵庫県尼崎市出身、1996年7月17日生まれの24歳(2021年1月時点)

前田穂南選手(天満屋)は、2019年9月東京五輪代表選考レース(MGC)で優勝し、東京オリンピック出場を決めています。

前田穂南選手は足が長く、ストライドが広いため、タイムを稼げるフォームだと言われています。

シドニーオリンピック金メダリストの高橋尚子選手同様、走ることが好き!諦めさえしなければ必ず結果がついてくるという強い信念を持っています。

大阪国際女子マラソンでも、最後まで諦めずに優勝を狙って頑張って欲しいです。

 

 

スポンサーリンク




岩出玲亜(プロランナー)

三重県津市出身、1994年12月8日生まれの26歳(2021年1月時点)

自己ベスト2時間23分52秒を残している岩出選手を3位に予想しました。

豊川高校3年の時に全国高校駅伝で準優勝し、2013年の高校卒業と同時にノーリツに入社、ハーフマラソンでU20日本記録1時間9分45秒、初マラソンとなった横浜国際女子マラソン(2014年11月)では、10代日本最高となる2時間27分21秒で3位入賞するなど活躍しました。

マラソンに専念するため2017年6月よりドーム(現アンダーアーマー)に移籍し、2019年名古屋ウィメンズマラソンでは自己ベストとなる2時間23分52秒をマーク。2020年8月、アンダーアーマーを離籍し、現在はプロランナーとして活動している岩出選手。

岩出選手は、「プロランナーとして第一線で戦い活躍し続けることで、若い世代の選択肢になりたいと強く思っています」と決意を語っていました。プロランナーとして自らスポンサー交渉を行ったり、クラウドファンディングで合宿資金を集めたりと、行動力もある岩出選手。他の選手と比べると、競技に対する思いや覚悟を感じます。

大阪国際女子マラソンでは、是非、上位入賞を狙って頑張って欲しいです!

谷本観月(天満屋)

岡山県倉敷市出身、1995年12月18日生まれの25歳(2021年1月時点)

4位入賞に予想した谷本観月選手は、2018年名古屋ウィメンズでマラソンデビューを果たし、翌2019年の名古屋ウィメンズで自己ベスト2時間25分28秒をマークしています。

東京オリンピック出場を決めた前田穂南選手と同じ天満屋所属で、後輩から良い刺激を受けているのではないでしょうか!(^^)!

また、2019年9月に行われたドーハ世界選手権では、日本人最高の7位に入賞しており、大阪国際女子マラソンでも期待の選手です。

池満綾乃(鹿児島銀行)

鹿児島市出身、1991年4月18日生まれの29歳(2021年1月時点)

5位予想は、自己ベスト 2時間26分07秒の池満綾乃(いけみつ あやの)選手です。

スポンサーリンク




山口遥(AC・KITA)

6位予想は、自己ベスト2時間26分35秒の山口遥選手です。

横浜市出身、1987年7月7日生まれの33歳。新栄高校、玉川大学在学中の目立った成績はありませんんが、卒業後からランニングクラブ「AC・KITA」に所属し市民ランナーとして実力を開花させた選手。昨年2020年の大阪国際女子マラソンに初めて招待選手として出場すると、自己ベストの2時間26分35秒をマークし日本勢2番手の7位に入賞しました。

『女・川内』と呼ばれたこともあり、今大会ペースメーカーの川内選手についていって上位入賞を狙って欲しいですね!(^^)!

和久 夢来(ユニバーサルエンターテインメント)

栃木県出身、 1995年7月1日生まれの25歳(2021年1月時点)

自己ベストは2時間33分03秒ですが、昨年2020年末に行われた山陽女子ロードレース大会では、1時間10分26秒で6位に入る好走を見せた和久 夢来(わく みらい)選手(日本人4位)。

高橋尚子選手を育てた名将・小出義雄監督の最後の教え子である和久選手。名前も「わくみらい」とワクワクする名前に負けず、着々と結果を出しています。

大阪国際女子マラソンでも、記録を伸ばして上位入賞を狙っていくのではと期待しています。

スポンサーリンク




大阪国際女子マラソン2021の優勝や順位を予想のまとめ

以上、2021年1月31日に行われる大阪国際女子マラソンの優勝や順位予想をお送りしました。

今大会では、東京オリンピック出場が決まっている一山麻緒選手と前田穂南選手の優勝争いが見られると予想しました。

当ブログでの順位予想は

  • 1位一山麻緒選手(ワコール)
  • 2位前田穂南選手(天満屋)
  • 3位岩出玲亜選手(プロランナー)
  • 4位谷本観月選手(天満屋)
  • 5位池満綾乃選手(鹿児島銀行)
  • 6位山口遥選手(AC・KITA)
  • 7位和久 夢来選手(ユニバーサルエンターテインメント)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
駅伝マラソン
豆母をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
気になるコトを調べ隊

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました