小山田圭吾のクイック ジャパン記事インタビュー内容!海外の反応は?

人物

東京オリ・パラ開閉会式の楽曲の制作メンバーとなった小山田圭吾さんですが、90年代の雑誌【クイック・ジャパン】等で語られた学生時代のイジメ自慢の告白が取り上げられ、ネットで炎上しています。人権問題に厳しい欧米メディアでも報じられ、世界的な問題に発展しています。この記事では、小山田圭吾のクイック・ジャパン記事インタビュー内容や、海外の反応についてまとめました。

スポンサーリンク

小山田圭吾のクイック ジャパン記事

小山田圭吾氏は和光学園在学中、同級生へのイジメを告白する内容が『クイック・ジャパンVol3(1995年7月) 』で掲載されました。

小山田氏は小学生〜高校生の学生時代、障害を持つ同級生をイジメていた事を赤裸々に告白していますが、その語り口には反省の念が一切見られず、『いじめ自慢』だと世間からも批判されています。

『クイックのジャパン』のイジメ内容は👇

  • 卒業式の日に、一応沢田(被害者の一人)にサヨナラの挨拶はしたんですけどね、個人的に(笑)。そんな別に沢田にサヨナラの挨拶をする奴なんていないんだけどさ。
  • お前、(卒業後)どうすんの?とか言ったら『ボランティをやりたい』とか言ってて(笑)。『お前、ボランティされる側だろ』とか言って(笑)。

インタビュー内で反省の色がないと指摘された点は、言葉の最後に書かれている、(笑)です。本当に悪いことをしたと感じているなら、やはり一度、小山田圭吾さんが表に出てきて、謝罪会見を開くべきなのではないかと感じます。

更に驚くことに、クイックジャパン誌は被害を受けていた方に対談を申し込んだり、アポ無しで家まで押しかけています。小山田圭吾氏だけではなく、雑誌社に対しても疑問を感じずには居られない内容となっています。

『クイックジャパン』インタビュー時の様子👇

  • 住み込みの村田さん(被害者の一人)は家族とも連絡がとれないらしいい。(働いている)パチンコ屋の電話番号は、何度訊ねても教えてえもらえず、最後は途中で電話を切られた。
  • 沢田さんに電話しても母親が出るので、電話だと拉致が開かないので、アポ無しで最寄り駅から電話
  • (沢田さんは)ちょっとホーキング(博士)入ってる。
  • (沢田さん本人に対して)小山田さんとは仲良かったですか?(と質問)

7月16日に投稿した小山田圭吾氏の謝罪文内で、雑誌インタビュー記載でオーバーに書かれていたが見過ごした、ということも主張しているので、雑誌者とも一緒に会見してほしいところですね。

スポンサーリンク




小山田圭吾いじめ問題への海外の反応

小山田圭吾氏のいじめ問題は、海外でもすでに報道されています。

英『オブザーバー』紙は、『五輪組織委員の森喜朗前会長の「女性蔑視発言」に続く恥ずべきできごと』と報道。

英紙『デイリー・テレグラフ』では、『障害のある同級生を虐待し、性的な行為を強要した日本の作曲家は、開会式に関与し続けている』と報じています。

『デイリー・テレグラフ』では、小山田圭吾氏が行った行為を『いじめ』ではなく『虐待』と記しています。

更に仏日刊紙『Le Figaro』では、障害者差別をしていたと報道👇

グーグル翻訳がこちら👇

東京オリンピックの主催者は、小山田圭吾が精神障害の同級生を虐待していると述べたインタビューが再浮上したにもかかわらず、開会式の作曲家として継続することを喜んでいると主張している。

 

小山田圭吾氏いじめ問題の海外の反応はこちらです👇

意訳はこちら👇

小山田氏はオリンピック委員会を辞任するか、JOCまたはIOCが予定を取り消す必要があります。

意訳はこちら👇

パラリンピック出場選手はボイコットするべきです。
海外での小山田圭吾氏いじめ問題への反応は、日本の反応とほぼ同じことが分かります。
小山田圭吾氏への国内の声も同様👇

スポンサーリンク




小山田圭吾のクイック ジャパン記事インタビュー内容!海外の反応は?のまとめ

以上、小山田圭吾のクイック ジャパン記事インタビュー内容!海外の反応は?をお送りしました。

『クイックジャパン』に掲載されたインタビュー記事では、文末に(笑)と表記される文章から、小山田氏が行ってきた学生時代のイジメ告白は一切の反省が見られず、イジメを自慢している内容と見られても仕方がないと感じてしまいました。

また、小山田氏だけの問題ではなく、いじめられた被害者への対談の申し出や被害者の家庭に押しかけたりと、被害者への傷をさらに深めた出版社の責任も大きいと思います。

小山田氏に対しては、世界にも認められるほどの音楽での貢献があっただけに非常に残念な思いです。この件に関しては、謝罪をしっかりした上でまた音楽で再建してほしいと願います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物
豆母をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
気になるコトを調べ隊

コメント

タイトルとURLをコピーしました