篠木健太郎(木更津総合)のプロフ!中学はどこ?進路はプロ大学どっち?

スポーツ選手

木更津総合高校の入学と同時に1年春からベンチ入りし、夏には甲子園のマウンドを経験するという注目の篠木健太郎(しのぎ けんたろう)選手。

この記事では、そんな篠木健太郎選手の

  • プロフィールや経歴
  • 高校卒業後の進路
  • 出身中学や小学校
  • クラブチーム時代

について詳しく調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

篠木健太郎の経歴やプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

はるひと🍿(@a_ha1to_)がシェアした投稿

木更津総合高校入学後すぐの1年春から背番号11でベンチ入り。
夏には甲子園のマウンドも経験しています。

甲子園本戦の3回戦では、8回からマウンドに立ちましたが
コントロールが甘く下関国際に2点を奪われました。

1年時秋の予選では千葉県ベスト8、2年の春の3決・銚商戦で146kmを計測。

2年夏の県大会からエースとしてマウンドに立ちます。

細身ですが全身を使ったダイナミックなフォームで140キロ台の直球を投げます。

また、同じ腕の振りで投げるスライダーとストレートの組み合わせで三振をバンバン奪っていきます。

コントロールが良く、ストレートも変化球も低めに集められるというピッチャーとしての評価が非常に高い選手です。

スポンサーリンク

篠木健太郎のプロフィール

篠木健太郎(しのぎけんたろう)

生年月日:2002年5月7日
年齢:18歳(2020年10月時点)
身長:176cm
体重74kg
投打:右投左打
野球開始年齢:小3
出身群馬県明和(めいわ)町

篠木健太郎の進路は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

akira(@akr89__)がシェアした投稿

2020年夏の甲子園の代替である千葉大会で、専大松戸を2-1でくだし2年ぶりの優勝に輝いた木更津総合。

主将でありエースでもある篠木選手は、大会を通して30イニングを投げ、2失点、34奪三振という素晴らしい成績を残して高校野球を終えました。

決勝戦後のインタビューでは、大学に進学し更なるレベルアップを図りたいという意思表明を行っていました。

東京6大学リーグの舞台を目指す予定との事だが、篠木健太郎ってめちゃくちゃ賢いそうなので(木更津総合でも野球部では唯一の特進コースで、中学時代はオール5の成績!)もしかして東京大学を狙っているのでは?!と勝手に想像しています!(^^)!

ピッチャーとしての才能があるだけではなく、頭も良くって♪
おまけにイケメン!

ただ、ただ、すごい選手ですよね。

春になって大学野球での活躍が楽しみです!

篠木健太郎くん、現役での大学合格を応援しています\(^o^)/

木更津総合篠木選手の出身中学や小学校は?

篠木健太郎選手の出身校は、群馬県の明和町立明和西(めいわにし)小学校、明和町立明和(めいわ)中学校です。

明和町立明和中学校
所在:〒370-0708 群馬県邑楽郡明和町新里298-1
電話:0276-84-3117
国公私立:公立中学(男女共学)

小3からスポーツ少年団の軟式チームで野球を始めます。

野球選手としては決して早い開始ではありませんが、体幹や身体能力が高い選手だと思います♪

余談ですが、明和町の特産品は果物の梨です\(^o^)/

篠木健太郎のクラブチームは?

中学時代は学校の部活ではなく硬式野球の館林ボーイズに所属していました。

中学3年の秋には、東日本報知オールスター戦に県選抜で出場しています。

東日本報知オールスターの群馬県選抜チームでは、

  • 前橋育英高校に進んだ須永武志捕手や、
  • 健大高崎高校に進学した下慎之介投手

と共にプレイしました。

最後になりますが、 篠木健太郎投手のインタビュー動画を紹介します。

しっかりと一つずつ丁寧に答える篠木選手、やっぱり利発な好青年って感じです。

ぜひ、ご覧ください(^^)/

篠木健太郎(木更津総合)のプロフ!中学や進路、大学のまとめ

以上、篠木健太郎選手の

  • プロフィールについて
  • 出身中学や小学校について
  • クラブチーム時代

について調査してまとめてみました。

篠木選手は、群馬県明和町出身!

明和町立明和西小学校、明和中学の出身でした。

明和中学での成績はオール5、木更津総合でも野球部で唯一の特進クラスに所属するという頭脳明晰な篠木選手。

今後の活躍が楽しみです!

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました