辻内彩野の病気の名前は?視力や障害の程度は?

スポーツ選手

東京パラリンピック競泳種目での活躍が期待される辻内彩野選手。辻内選手は視覚障害との事ですが、視力や障害はどの程度なのでしょうか?また、視力低下の原因となった病名はなんでしょうか?この記事では、辻内彩野選手の病気の名前や視力や障害の程度について調査しました。

スポンサーリンク

辻内彩野の病名は?

辻内選手の病気の名前は、『黄斑ジストロフィ』と呼ばれる難病指定の病気です。
網膜の中でも視力に重要な役割を果たす「黄斑」が徐々に障害を受けることにより、視力が低下する遺伝性の疾患です。症状は進行性で、現在治療法は分かっていません。

高校時代に視覚低下の違和感を感じていたようで、競泳の強豪校に通いながら、病院に通院していたようです。『黄斑ジストロフィー』と診断された時期については、高校3年生の時と父親の満夫さんのインタビュー内では記載されていました。記事によっては大学1年に入ってから診断されたとの情報もありますが、大体、高3から大学1年の間に正式な診断されたようです。

(ソースはこちら→https://www.paraphoto.org/?p=20335)

 

スポンサーリンク




辻内彩野の視力や障害の程度は?

辻内選手の病気『黄斑ジストロフィ』は、性質が異なる複数の疾患が含まれるため、タイプによって、また個人によっても症状が様々です。

一般的には、視力を保つための網膜部にある黄斑が障害を受けるため、眼鏡をかけても視力が出ない視力低下や、見ようと思う中心部がぼやける中心視野異常等の症状が両眼にゆっくりと出てくるようです。

辻内選手の視力や障害の程度については公開されていませんが、視覚障がいS13というクラスに入ります。3つに分けられた視覚障害クラスの中では最も軽いS13ですが、同じく視覚障害S13クラスで活躍していた齋藤元希選手の視力が右0.08で左0.07だと聴くと大変なんだろうなぁと思います。眼鏡をかけても見えないわけですし、日常生活もままならないでしょう😿

しかも進行性の病気なので、視力低下が進んでいくことを考えると、本当に目標に向かって頑張る辻内選手の姿を見ると、勇気が出ます。

賛否両論ありますが、母国での東京パラリンピックが開催されてよかったです。

スポンサーリンク




辻内彩野の病気の名前は?視力や障害の程度は?のまとめ

以上、辻内彩野選手の病気の名前は?視力や障害の程度は?をお送りしました。

辻内選手の病気の名前は、『黄斑ジストロフィ』と呼ばれる難病指定の病気です。

視力や障害の程度は詳しくは公表していませんが、競技出場は視覚障がいS13というクラスです。3つに分けられる視覚障害クラスの中では最も軽いクラスになりますが、ですが、同じく視覚障害S13クラスの齋藤元希選手の視力が右0.08で左0.07だと聴くとやはり大変なんだろうと思います。

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

\パラリンピックをもっと楽しみたい方はこちら/



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ選手
スポンサーリンク
豆母をフォローする
気になるコトを調べ隊

コメント

タイトルとURLをコピーしました