宇佐見りん「推し、燃ゆ」の売上や印税はどれぐらい?

人物

宇佐見りんさんの「推し、燃ゆ」が芥川賞を受賞されましたね!現役大学生の芥川賞受賞という事もあり、かなり話題になっていましたね!気になるのは累計売上や印税のこと!
宇佐見りんさん、一体いくら稼がれたのでしょうか(*^^*)
今回は、宇佐見りんさんの「推し、燃ゆ」の売上や印税はどれぐらい?というテーマで探ってみました。それでは早速参りましょう♪

スポンサーリンク

宇佐見りん「推し、燃ゆ」の売り上げはどれくらい?

1月30日、河出書房さんの発表によりますと、累計売上部数が20万部を突破したそうです。

20万部×1540円=308,000,000円になります!

およそ3億円!

2020年9月に発売されましたが、2021年1月に芥川賞を受賞されたため、累計売上部数は今後も伸びると予想されます。

2月1日付のオリコンランキングでも、堂々の5位となっております。

ちなみに、Amazonの文学・評論ジャンルでの売上ランキングでも現在第4位となっております。

累計売上部数は、どこまで伸びるのでしょうか。

楽しみですよね(^^♪

さらに、デビュー作の「かか」も注目を浴びていますよね!

スポンサーリンク




宇佐美りん「推し、燃ゆ」の印税はどれぐらい?

芥川賞の受賞後は、どこの通販サイトでも在庫切れとなっていましたね!
印税は一体どれくらいなのか気になりませんか?

そもそも印税とはどのように支払われるのでしょうか?

実際に印税はどのように支払われるのでしょうか。まず、わかりやすい書籍の方からご説明しましょう。

書籍は、基本的に売れた部数に応じて印税が払われます。式で示すと、本の定価 ☓ 部数 ☓ 印税率になります。販売部数は、一定期間(3か月、半年、年間)ごとに集計が行われて、反映されます。また、一番気になる印税率ですが、一般的には10%ほどと言われています。

ソースはコチラ☞弁護士ドットコム

「部数」とは発行部数のことなので、宇佐見りんさんの場合を当てはめてみると、

1540円×20万部×印税率10%=3080万円となります。

契約内容によって、プラスアルファがあるそうなので、約3100万👏👏

しかし、この3100万円がそのまま貰えるわけでははなく、印税に「税金」がかかります。

源泉徴収で引かれますが、その税率は100万円までは10%、それを超える部分は20%となるようです。

先ほどの印税を当てはめて計算すると、ざっと610万円が税金として引かれます。

税金を引くと手取りで2490万円ということになります。

えっと、女子大生が2500万円って、、!

すごい金額ですね!

おまけにかわいい( *´艸`)

えっと、、、とにかくすごいですね!

 

宇佐見りんさんについてはコチラをどうぞ☟

宇佐見りんの大学の学部や高校はどこ?wikiプロフィールも


スポンサーリンク




宇佐見りん「推し、燃ゆ」の売上や印税はどれぐらい?のまとめ

今回は、芥川賞受賞作家の宇佐見りんさんの「推し、燃ゆ」の売上や印税はどれぐらい?について探ってみましたが、いかがでしたでしょうか?

純文学ではありますが、スマホや「推し」と現代の話題を題材にした内容となっているので、若い世代の方から幅広い年代の方に人気のようですね!
今後も累計売上は伸びそうなので、一体どこまで伸びるのか、チェックしていきたいと思います!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました