杜の都駅伝2021の優勝予想やかわいい注目選手一覧

駅伝マラソン陸上

今年も駅伝の季節となりました。来る10月31日(日)、大学女子駅伝の日本一を決める杜の都駅伝(全日本大学女子駅伝対校選手権大会)が開催されます。今年も名城大学がの杜の都駅伝を制するのでしょうか!?
この記事では、杜の都駅伝2021の優勝予想(上位)やかわいい注目選手を紹介します。

スポンサーリンク

杜の都駅伝2021の出場校

チーム 前年順位
シード校 名城大(23) 1位
大東文化大(11) 2位
日本体育大(33) 3位
立命館大(32) 4位
関西大学(14) 5位
大阪学院大(28) 6位
城西大(28) 7位
松山大(14) 8位
各地区代表校 札幌国際大(5)
東北福祉大(19)
石巻専修大(5)
筑波大(25)
拓殖大(4)
順天堂大(28)
中央大(30)
新潟医療福祉大(10)
中央学院大(3)
中京大(35)
大阪芸大(9)
佛教大(20)
関西外大(7)
兵庫大(2)
環太平洋大(4)
福岡大(33)
鹿屋体育大(17)
東北学連選抜

杜の都駅伝2021の優勝予想

今年の全日本大学女子駅伝も、4連覇中の名城大学の優勝がかたいと予想します。

2021年の名城大学のメンバーは、1年から全日本大学女子駅伝と富士山女子駅伝の2冠を3年連続で達成している、4年の高松智美ムセンビ選手と和田有菜選手、3年のダブルエース小林成美選手と山本有真選手、松渕祐香選手、ルーキーの谷本七星選手など、強力なメンバーがそろっています。
名城大学ではメンバーの6人全員を、5000mのベストタイム15分台の選手で組めてしまうという選手層の厚さなのです。
仮に不調の選手がいても、控え選手のレベルも高いという選手層の厚さを考えると、名城大学がダントツの優勝候補だと考えられます。

名城大学を追いかけるチームは、大東文化大日本体育大学立命館大と予想しました。
大東文化大も、全日本インカレ10000mで大会記録をマークした鈴木優花選手(4年)、同インカレ3000m障害で3連覇中の吉村玲美(3年)など選手がそろっているので、大東文化大が2位と予想しました。

大東文化大を追うのが、関東インカレ1500mで1位、5000mで2位の山崎りさ(1年)、同インカレ1500mで5位、5000m3位の保坂晴子(2年)、同インカレ5000m5位、10000mで1位の岡島楓(4年)、同インカレ10000m5位の小原茉莉(2年)とトラックで好調な選手が多く控えています。

そして今年は、トラックで日本体育大、大東文化大、立命館大の活躍が目覚ましく、去年ほど名城大が3分もぶっちぎって優勝の可能性は低いと思います。よほどのアクシデントがない限り、名城大優勝が固いと思いますが、何かあった時には大東文化大か日本体育大学の優勝の可能性もゼロではありません!

日本体育大学、大東文化大は、トラックでの好記録をロードでも出せるか!?というところがキーポイントになるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

全日本女子大学駅伝のかわいい注目選手

高松智美ムセンビ(名城大学)

身長148cmとめっちゃ小柄ですが、大きなストライドで力強く前進する走法が特徴です。ケニアで生まれますが、1歳から日本で暮らしています。お姉さんの高松望ムセンビさんを追いかけて、中学から陸上の全国大会に出場。中学時代から同学年の田中希実選手や和田有菜選手らと共にトラック、駅伝、クロスカントリーなどで活躍しています。

和田有菜(名城大学)

和田有菜さんは、中学から現在の大学まで、ずっと駅伝の強豪校で過ごします。長野東高校時代は、2年3年と2年連続で全国高校駅伝の1区で田中希実(西脇工業)を破って区間賞を獲得するも、長野東高校は公立高校のため、国内はおろか海外からの駅伝留学生を受け入れることはなく、留学生ランナーのいるライバル校に阻まれて全国制覇の経験はありません。名城大学では飛ぶ鳥を落とす勢いで駅伝連覇を果たしていますが、そんな過去があったんですね!驚きです。

山本有真(名城大学)

愛知県豊田市立前林中学校、私立光ヶ丘女子高等学校を卒業。中学時代は全国大会の出場経験はなく、光ヶ丘女子高校2年時の山形インターハイ800mが全国大会初出場です。その後、3年の三重インターハイでも1500m、3000mで全国大会出場。駅伝では、2年、3年の全国高校駅伝に出場しています。

不破聖衣来(拓殖大学)

群馬県高崎市立大類中学、私立健大高崎高校を卒業。2021年4月に拓殖大学に入学したばかりですが、全日本大学駅伝の予選会でトップのタイムをたたきだし本戦出場に導いたスーパールーキーです。中学時代、ジュニアオリンピック1500mで優勝するなど、早くから活躍していましたが、高校時代は故障など思うように走れない時期がありました。高3の秋から冬に調子を取り戻すと、10月の全国高校陸上の3000mで全国大会で6位入賞、12月には5000mで高校ランキング1位の15分37秒台をマーク。2月のクロスカントリー日本選手権のU20のレース(6㎞)では、ただ一人20分を切るタイムで優勝するなど完全に復活を見せています。身長は154㎝と小柄ですが、今一番の伸び盛り、しかもかわいい注目選手です。

スポンサーリンク

 

杜の都駅伝2021の優勝予想やかわいい注目選手のまとめ

以上、杜の都駅伝2021の優勝予想や注目選手をお送りしました。

2021年杜の都駅伝の優勝候補は、4連覇中の名城大学が固いと予想しました。2位以下、予想は下記の通り⤵

優勝候補①名城大

2位予想②大東文化大

3位予想③日本体育

4位予想④立命館大

スポンサーリンク
スポンサーリンク
駅伝マラソン陸上
豆母をフォローする
スポンサーリンク
気になるコトを調べ隊

コメント

タイトルとURLをコピーしました