小野日子の経歴や学歴は?旦那や子供はいる?画像あり

人物

2021年3月3日、内閣広報官に外務副報道官の小野日子(おの ひかりこ)さんの起用が決まりました。この記事では、小野日子さんの経歴、並びに出身高校や大学など学歴について、更に『エリート』との噂の旦那さんについても調査しました。

スポンサーリンク

小野日子の経歴

小野日子さんは1965年、東京生まれの東京育ちの55歳。1988年4月に外務省に入りますが、当時、外務省には女性はごくわずか。女性としては20人目のキャリア外交官でした。

1988年:一橋大学社会学部卒業外務省入省
1991年:英国オックスフォード大学修了
1991~2000年:帰国後、リオでの地球サミット、円借款、インドシナ地域メコン川流域開発、WTOなどを担当
2000~2003年:在米国大使館勤務
2005年:経済協力局開発計課画企官
2006年:国際協力局多国間協力企画官
?~2014年:内閣副広報官・官邸国際広報室長
2014~2015年:国際交流基金総務部長
2016年:TOKYO2020スポークスパーソン【現職】

ソースはこちら➡https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/bunya/gender/pdf/undp_wid_pj.pdf

スポンサーリンク




小野日子の出身中学や高校、大学など学歴

小野日子さんは、東京都千代田区にある女子学院中学校・高等学院(中高一貫校)の出身。女子学院中学校は、偏差値76のめちゃめちゃ秀才、才女です!
(参考➡首都圏模試センター)

女子学院中学校・高等学校
所在:〒102-0082 東京都千代田区一番町22-10
設立:1870年(明治3年)
共学別学:女子高
国公私立:私立

女子学院高校卒業後は、一橋大学・社会学部に進学しています。

小野さんは、女子学院中学校1年生の時に、第24回青少年読書感想文全国コンクールで「ガラスのうさぎ」の感想文で、最高賞の内閣総理大臣賞を受賞したました。小野日子さんの読書感想文のタイトルは「戦争はわからないけれど」。

東京大空襲をテーマに書かれた『ガラスのうさぎ』を読んだ事に加えて、高校2年生の時に訪れた広島での被爆者の体験談を聞き、『平和な性愛の実現に役立つ仕事をしたい』と外務省に入りました。小野日子さんは、当時、外交官だった皇后雅子様の1学年、後輩になります。
雅子さまの経歴は、『父親も外交官、海外育ちで幼稚園はモスクワ、ハーバード大学卒業』という華麗な経歴ですが、小野さんの経歴は、小野日子さんの実母曰く「近所の普通の幼稚園に通っていた」普通の一般家庭の子という事でした。

雅子様とは、一緒に温泉やスキーなど行くほど親交が深かったようですよ!

ソースはこちら➡毎日新聞日経DUAL

スポンサーリンク




小野日子に旦那様や子供はいる?

小野日子さんのプライベートを調べてみたところ、結婚して息子さんがいる事が分かりました。旧姓は『関』さん、結婚して『小野』姓になっています。

1988年の入省時、同期の女性は自分だけ。仕事を続けながら、外務省同期の夫と結婚し、中学生の長男を育てる。

引用:毎日新聞

同期入局の小野啓一氏と結婚し、夫と共にワシントン赴任中に妊娠し、ワシントンで出産しています。夫の啓一氏は今でいうイクメンになったのも、ワシントンでの立会出産の影響が大きいようです。最初は、出産に立ち会うかどうか迷っていました。ところが、「日本(の出産時)は夫が立ち会わないことも多い」と夫の啓一氏が職場で発言すると、「絶対に(出産に)立ち会った方が良い!」と現地スタッフに言われて立ち合う事に。出産に立ち会ったお陰で、その後の育児も手伝うようになり、息子さんの宿題を日子さんより辛抱強く見てくれるとの事。素敵な旦那様ですね!

夫の小野啓一氏は、外務省地球規模課題審議官として活躍されてます👇
こちらの画像では、右下の方です☺

上記の引用は、2017年に掲載された情報なので、2021年現在、息子さんは高校生か大学生だと思われます。

こちらの記事もあわせてどうぞ👇

小野日子と安倍昭恵や山田真貴子との関係は?

 

スポンサーリンク




小野日子の経歴や学歴は?旦那や子供はいる?のまとめ

以上、小野日子さんの経歴や学歴は?旦那や子供はいる?をお送りしました。

小野日子さんは1965年東京生まれの東京育ちの55歳。

中学受験をして東京都千代田区にある名門・女子学院中学校・高等学校を経て、一橋大学社会学部に進学。大学を卒業後、外務省に入局し、同期入局の小野啓一さんと結婚します。夫と共にワシントンに駐在している時に妊娠、ワシントンで出産しています。子供は息子さんが一人。2017年のインタビューで『中学生』だったことから、2021年現在は高校生か大学生になっていると考えられます。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物
豆母をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
気になるコトを調べ隊

コメント

タイトルとURLをコピーしました