春高女子バレー2022の優勝候補予想やかわいい注目選手一覧

バレー

2022年1月5日(水)、高校女子バレー日本一を決める全日本バレーボール高等学校選手権大会(春高)が始まります。
今年は、どの学校が女子春高バレーの頂点に立つのでしょうか!春高バレーで活躍し、日本代表となる選手が現れる可能性もありますね!
この記事では、春高バレー女子2022の優勝予想と合わせて、注目選手について紹介します。

春高女子バレー2022の優勝予想

トーナメント表は、コチラ▼

画像ソースはこちら⇒四国新聞社

第74回春高女子バレー(2022)の上位予想(ベスト8)は、各ブロックから次のチームが勝ち進んでくると予想しました。

  • 就実(岡山)
  • 岡崎学園(愛知)
  • 八王子実践(東京)
  • 金蘭会(大阪)
  • 共栄学園(東京)
  • 古川学園(宮城)
  • 下北沢成徳(東京)

下北沢成徳(東京)、就実(岡山)は今夏のインターハイ(IH)優勝、準優勝校。岡崎学園(愛知)、古川学園(宮城)は夏IHのベスト8、八王子実践(東京)は、夏IHのベスト8の鹿児島南が同じブロックにいますが、レベルの高い東京代表の八王子実践が鹿児島南を破って8強にあがってくると予想しました。
夏IHベスト4の金蘭会(大阪)も、同じくIHベスト4の都城商業(宮崎)が同ブロックにいますが、世代NO1エース吉武美佳を擁する金蘭会にどこまで通じるかと考えると、隙のない伝統校の金蘭会(大阪)が勝ち進んでくるのではないかと思います。

大阪国際滝井のブロックでは、共栄学園(東京)東九州龍谷(大分)の勝者がこのブロックを制してベスト8に勝ち進むと予想しました。帝京第三(山梨)や聖和女学院(長崎)のブロックでは、IHベスト8で春高ベスト4常連の古川学園(宮城)が勝ち進んでくると思います。

岐阜総合や八女学院(福岡)のブロックは、正直、どこが勝ち上がってくるか予想がつきませんが、その先に下北沢成徳が待ち受けており、ベスト4に勝ちあがるのは下北沢成徳かなと予想しました。

過去3年のインターハイ(IH)のベスト4結果がこちら⤵

女子 2021年IH 2020年IH 2019年IH 2018年IH
IH 1位 下北沢成徳  ーー中止ーー 就実(岡山) 下北沢成徳
2位 就実(岡山) 共栄学園(東京) 金蘭会(大阪)
3位 金蘭会(大阪) 下北沢成徳 東九州龍谷
都城商(宮﨑) 京都橘 鹿児島南

過去3年の春高のベスト4結果がこちら⤵

女子 2022年春高 2021年春高 2020年春高 2019年春高
春高 1位 就実(岡山) 東九州龍谷 金蘭会(大阪)
2位 大阪国際滝井 古川学園(宮城) 東九州龍谷
3位 東九州龍谷 金蘭会(大阪) 下北沢成徳
古川学園(宮城) 共栄学園(東京) 八王子実践

 

この中から春高女子バレーの優勝候補は、ずばり就実(岡山)と下北沢成徳(東京)の2校を挙げたいと思います。就実は、去年の春高バレーを制し、2年生ながら最優秀選手賞を受けた深澤めぐみ選手、ツインズ(双子)の深澤つぐみさん、160㎝台と背は高くないですが、ジャンプ力と攻撃力の優れる曽我紀美選手を擁する就実と、IHのベスト6の濱村ゆい選手、谷島里咲選手を擁する下北沢成徳が突出しているように思います。
2番手チームには、金蘭会、共栄学園をあげたいと思います。金蘭会はIHのベスト4です。

個人的には、曽我選手を応援してるので、就実に優勝目指して頑張って欲しいと思います!(^^)!

2022年春高女子バレーの優勝予想(希望)はズバリ!就実高校、優勝としました⤵

  • 就実(岡山)
  • 下北沢成徳(東京)
  • 金蘭会(大阪)
  • 共栄学園(東京)

スポンサーリンク

 

春高女子バレー2022のかわいい注目選手

春高女子バレー2022年のかわいい注目選手は、

  • 濱村ゆい(下北沢成徳)
  • 谷島里咲(下北沢成徳)
  • 古川愛梨(下北沢成徳)
  • 吉武美佳(金蘭会)
  • 深澤めぐみ(就実)
  • 深澤つぐみ(就実)
  • 堤亜里菜(共栄学園)
  • 甲斐里香菜(都城商業)
  • 飯山エミリ(東九州龍谷)
  • 熊谷仁依奈(古川学園)
  • 北村萌恵(東京都市大塩尻)
  • タピア アロンドラ(古川学園)

深澤めぐみ・つぐみ(就実)

めぐみ(姉)とつぐみ(妹)さん

めぐみ(姉) つぐみ(妹)
背番号 4 1
ポジション OH OP/MB
身長 176㎝ 176㎝
最高到達点 302㎝ 302㎝

堤 亜里菜

  • 背番号:4
  • 学年:3年
  • ポジション:OH
  • 身長(最高到達点):170㎝(285cm)
  • 中学: 共栄学園中学

谷島里咲(下北沢成徳)

下北沢成徳の2年生エース

  • 背番号:1
  • ポジション:OH
  • 身長・最高到達点:172㎝・297㎝
  • 出身中学:八郷中学(茨城県石岡市)

下北沢成徳メンバー一覧はこちら⤵
https://hahaoya-gyo.com/simokitazawa-josi-volley-menber/

飯山エミリ

飯山エミリ選手は、日本人の父とロシア人の母をもつハーフ。小学4年よりバレーを始めます。中学時代から鹿児島選抜やJOCジュニアオリンピックカップに出場し注目されている選手です。名門、東九州龍谷でも1年からスタメン入りを果たしています。

  • 学校(学年):東九州龍谷(2年)
  • ポジション・身長:MB・184㎝
  • 最高到達点:295㎝

飯山エミリ(東九州龍谷)のwikiプロフ!出身中学や小学校はどこ?
この記事では、東九州龍谷高校のルーキー飯山エミリ選手のwikiプロフィール、出身中学や小学校について調査しました。また、記事中に飯山エミリ選手のインタビュー動画も掲載しておりますので合わせてチェックしてみてください。

北村 萌恵

安定したレシーブ力の笑顔がかわいい北村選手です。

  • 学校(学年):東京都市大塩尻(1年)
  • ポジション・身長:OP・168㎝
  • 最高到達点:284㎝

曽我 綾音

ブロード攻撃が魅力のMB。

  • 学校(学年):岡崎学園(3年)
  • ポジション・身長:MB・177㎝
  • 最高到達点:295㎝

タピア・アロンドラ

幼少期はテニスやハンドボールをしていました。中学1年からバレーを始め、U18世界選手権にはドミニカ共和国代表として、全試合に出場した経験の持ち主。古川学園の岡崎監督がドミニカを視察した時に声をかけ、中学3年の冬に来日しました。195㎝の長身で最高到達点が320㎝と男子顔負けのジャンプ力です。

  • 学校(学年):古川学園(2年)
  • ポジション・身長:OH・195㎝
  • 最高到達点:320㎝
  • 出身:ドミニカ共和国

\春高バレー男子の記事はコチラ/

春高男子バレー2022の優勝候補予想や注目選手一覧
2022年1月5日(水)、高校男子バレー日本一を決める全日本バレーボール高等学校選手権大会(春高)が始まります。 今年は、どの学校が男子春高バレーの頂点に立つのでしょうか!?春高バレーで活躍し、日本代表となる選手が現れる可能性もありま...
春高男子バレー2022メンバー高校別出身中学、注目選手や進学先
この記事では、第74回春高バレー出場の男子バレー部メンバーの、高校別出身中学や進路、イケメン注目選手をまとめました。全てのチームを網羅しているわけではありませんが参考にどうぞ! 関東・東北地区 関西・...

 

\春高バレーを楽しみたい方はこちらもどうぞ/



スポンサーリンク
バレー
豆母をフォローする
スポンサーリンク
気になるコトを調べ隊

コメント

タイトルとURLをコピーしました