蘇翊鳴(中国スノーボード)の読み方やwikiプロフ!子役だった?

スキー&スノボ

北京オリンピック、スノーボード競技男子ビッグエアの金メダリスト中国の蘇翊鳴(そ・よくめい、中国読みスー・イーミン)選手。以前、子役をしていたことでも注目を集めています。そこで今回は、蘇翊鳴選手のwikiプロフィールを紹介します。また記事の後半では蘇選手の動画を掲載しておりますので合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

蘇翊鳴のwikiプロフィール

蘇翊鳴選手の名前は、日本読みだと『そ・よくめい』さん、中国読みだと『スー・イーミン』さんです。

両親の影響で4歳からスキーを始め、幼少期から練習熱心なスキー少年でした。2018年14歳で中国代表選手となり、2020年3月には中国人選手として初めてトリプルコーク1620を成功させます。翌2021年10月には世界で初めてバックサイド1980に成功すると、同年12月に開催されたスノーボード・ビッグエアW杯米スティームボードスプリングズ大会で中国人選手として初の優勝をおさめました。

蘇翊鳴選手がオリンピックを目指したのは、2015年に中国が冬季オリンピックの招致に成功した時にさかのぼります。自国開催のオリンピック招致が決まった瞬間を生中継で観ていた蘇選手は、オリンピックに出場するという夢を抱きます。翌2016年、中国各地で行われた中国代表選手の選考を兼ねた大会で蘇選手は頭角を現わし、2018年、14歳という若さで国家チームに選ばれると14歳で全国選手で優勝。10代でトリプルコーク1620やバックサイド1800、バックサイド1980などの高難度の技を次々と成功させています。

そして北京オリンピック、スロープスタイルでは17歳で銀メダル、ビッグエアでは金メダルを獲得しました。

名前:蘇翊鳴(そ・よくめい)
中国読み:スー・イーミン
生年月日:2004年2月18日
出身:中国吉林省吉林市

スポンサーリンク




蘇翊鳴の子役の時の画像

蘇翊鳴選手は9歳の時に映画『智取威虎山』のオーディションに応募しました。この映画は1947年頃の中国の人民解放軍が東北地域に立てこもる武装組織をせん滅する史実にもどついた物語で、スキーができる子役を探していたのです。当時の蘇翊鳴選手がスキーの腕前や年齢の条件が合致して合格。映画の中で蘇選手の役どころは「大人の兵士にも追いつけない程のスキーの腕前を持つ子供」という設定で、見事役割を果たしました。と言うよりも、演じるも何も大人が追い付かないほどのスキーの腕前だったというのが実際のところのようです。

こちらが子役時代のそ選手⤵

邦題では『タイガー・マウンテン~雪原の死闘~』という映画です☟

では最後になりましたが、蘇選手の動画をご覧ください☟
こちらの記事も合わせてどうぞ⤵
大塚健の身長や年齢!出身は厚木市のどこ?
北京オリンピック、スノーボード【スロープスタイル/ビッグエア】日本代表の大塚健選手がビッグエアで決勝進出を決め話題となっています。この記事では、大塚健選手の身長や年齢(誕生日)などプロフィールを紹介するとともに、出身地は厚木市のどこか調査し...

 

\北京オリンピックを楽しみたい方はどうぞ/

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スキー&スノボ
豆母をフォローする
スポンサーリンク
気になるコトを調べ隊

コメント

タイトルとURLをコピーしました