原大智のスキー板やポールはどこのブランド?ヘルメットやゴーグルも!

スキー&スノボ

北京オリンピック、フリースタイルスキー・モーグル男子日本代表の原大智選手。この記事では、原大智選手のスキー板やポール、ヘルメットやグローブのブランドについて調査しました。

スポンサーリンク

原大智のスキー板はどこのブランド?

原大智選手のスキー板は、日本製のスキー『ID one』です。2021年シーズンのW杯ではこの『ID one』が5戦中3戦で男女の1位から3位を独占しています。
原大智選手が使用しているスキー板は『ID one』の中でも長さが177㎝ある、上級者用のMR-SGとなります。価格帯は8万円前後です。

原選手が愛用している『ID one』スキー板は、1999年にゴーグルの輸入販売を行っていた『マテリアルスポーツ』(大阪府守口市)の藤本誠社長が、親交のあった上村愛子選手を勝たせてあげたいと願って開発した国産木材のスキー板です。堀島行真選手やモーグル女子の注目選手川村あんりさんも愛用してるスキー板となります。

平昌オリンピック(銅メダル獲得)の時も『ID one』スキー板を着用していました⤵

『ID one』スキー板がこちら☟

 

 

 

 

 

 

 

 

ポール(ストック)も同じ『ID one』ブランドのMR-11(105㎝)を使用しています。ストック(ポール)の価格帯は2万前後です。

『ID one』のストックはこちら☟

原大智のヘルメットはどこのブランド?

原大智選手のヘルメットはbolle(ボレー)』のMUTE MIPS 20-21です価格帯は、3万円前後です。

原大智のゴーグルはどこのブランド?

原大智選手のゴーグルもヘルメットと同じブランドbolle(ボレー)』のものです

価格帯は5万円前後です。

モーグル原大智のwikiプロフィール
読み方:はら だいち
誕生日:1997年3月4日
年齢:24歳(2022年2月時点)
出身:東京都渋谷区
身長:172cm
体重:75kg
所属:日本大学
オリンピック:2018年平昌オリンピック銅メダル
ソースはこちら⇒Wikipedia

\北京オリンピックを楽しみたい方はどうぞ/



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スキー&スノボ
豆母をフォローする
スポンサーリンク
気になるコトを調べ隊

コメント

タイトルとURLをコピーしました