群馬県 全国都道府県対抗女子駅伝メンバーとオーダー一覧!

駅伝マラソン陸上

1月16日(日)、全国都道府県対抗女子駅伝が開催されます。この記事では全国都道府県対抗女子駅伝の上位入賞を狙えるかも!と群馬県女子メンバーが注目を集めています!そこでこの記事では、群馬県エントリーメンバーやオーダー(予想)をまとめました。

スポンサーリンク

群馬県 全国都道府県対抗女子駅伝2022メンバー

群馬県の全国都道府県対抗女子駅伝のメンバーは下記の13名⤵

  • 岡本 春美 (ヤマダホールディングス)
  • 樺沢 和佳奈(資生堂)
  • 荻野 実夕(ヤマダホールディングス)
  • 坂尻 有花(立命館大学4年)
  • 不破 聖衣来(拓殖大学1年)
  • 並木 美乃(常磐高校3年)
  • 山田 愛(健大高崎高校3年)
  • 清水 愛実(健大高崎高校1年)
  • 高橋くるみ(常磐高校1年)
  • 羽入田 暖愛(常磐高校1年)
  • 落合 優希奈(甘楽中学3年)
  • 小泉 咲菜(伊勢崎第四中学3年)
  • 黒澤 心菜(藤岡東中学3年)

岡本 春美(ヤマダホールディングス)

年齢:23歳
自己ベスト
:1500m4分32秒90、3000m8分59秒96、5000m15分20秒56、10000m: 31分28秒20
出身:群馬県太田市
経歴:太田市南中学→常磐高校→三井住友海上→ヤマダホールディングス

樺沢 和佳奈(資生堂)

年齢:21歳
自己ベスト
:1500m4分17秒68、3000m9分06秒47、5000m15分48秒06
出身:群馬県
経歴:常磐高校→慶應義塾大学

荻野 実夕(ヤマダホールディングス)

年齢:21歳
自己ベスト
:1500m4分30秒46、3000m9分20秒54、5000m16分05秒83
出身:埼玉県
経歴:豊川高校→ヤマダホールディングス

坂尻 有花(立命館大学)

1着ゴールの選手が坂尻さん⤵

年齢:21歳
自己ベスト
:1500m4分22秒80、5000m16分05秒25、10000m35分37秒37
経歴:常磐高校→立命館大学

不破 聖衣来

年齢:18歳
自己ベスト
:1500m4分24秒50、3000m9分07秒48、5000m15分20秒68、10000m30分45秒21
経歴:高崎市立大類中学→健大高崎高校→拓殖大学




群馬県 全国都道府県対抗女子駅伝2022オーダー(予想)

1月15日(土)にオーダーが発表されました⤵

  • 1区(6km)⇒樺沢和佳奈選手
  • 2区(4㎞)⇒並木美乃選手
  • 3区(3㎞)⇒小泉咲菜選手
  • 4区(4㎞)⇒不破聖衣来選手
  • 5区(4.1075㎞)⇒山田愛選手
  • 6区(4.0875㎞)⇒清水愛実選手
  • 7区(4㎞)⇒高橋くるみ選手
  • 8区(3㎞)⇒落合優希奈選手
  • 9区(10㎞)⇒岡本春美選手

3年前のプリンセス駅伝で脱水症状を起こし途中棄権しましたが、その後、復調した岡本春美選手がアンカーで最長区間の9区(10㎞)、拓殖大学のスーパールーキーの不破聖衣来選手が4区に配置されました。

岡本春美選手は、常磐高校卒業後、三井住友海上で活躍するも、2018年10月のプリンセス駅伝で脱水を起こし蛇行や逆走する事態となり途中棄権しました。しかしその後、同年12月には1万m、5000mで自己ベストを更新し、快走を見せました。2021年1月に三井住友海上を退社し、同年2月には、群馬県を拠点とするヤマダホールディングスに移籍。東日本駅伝では1区を担当し、18分44秒の区間新記録をマークし、拓殖大学の不破選手と共に東日本女子駅伝の群馬県優勝に大きく貢献しました。

高校生は東日本女子駅伝2区で区間5位の並木美乃選手(常磐高校)、健大高崎の山田愛選手、 全国高校駅伝でも好走を見せた高橋くるみ選手(常磐高校)がオーダーされました。

中学生では、東日本女子駅伝で区間賞の小泉咲菜選手(伊勢崎四中)、甘楽中の落合 優希奈選手の2名がジュニアB選手として3区と8区を担当。

注目の岡本春美選手、不破聖衣来選手の2人の間をつなぐ高校生が大きな鍵を握っているでしょう!

\陸上をもっと楽しみたい方はどうぞ/



スポンサーリンク
スポンサーリンク
駅伝マラソン陸上
豆母をフォローする
スポンサーリンク
気になるコトを調べ隊

コメント

タイトルとURLをコピーしました