箱根駅伝ムルワとムルア、どっちがどっち?出身校やタイムまとめ

駅伝マラソン陸上

箱根駅伝2023、花の2区を走る2人のムルワ(ムルア)選手が注目を集めています。2人のムルワ(ムルア)選手について出身校や大学についてまとめました。

ムルワとムルア!どっちがどっち?

フィリップ・ムルワ選手(4年)が創価大学の留学生で、日本インカレ10000mで優勝、27分35秒29(大学3年時)のタイムを持っています。出身校はケニアのキテタ・ボーイズ高校です。

ボニフェス・ムルア選手(4年)が山梨学院大学の留学生で11月に10000mで27分43秒60。出身校はケニアのキトゥムラ高校です。

身長や体重は、創価大学のムルワ選手が164cm45kg、山梨学院大学のムルア選手が182cm54kgと、ムルア選手のほうがかなり背が高いです。
左の水色のユニフォーム背の高い選手がムルア君、右奥のオレンジユニフォームがムルワ君👇

 

\駅伝をもっと楽しみたい方はこちらをどうぞ/

※画像をクリックするとアマゾンに移動します

スポンサーリンク
駅伝マラソン陸上
豆母をフォローする
スポンサーリンク
気になるコトを調べ隊

コメント

タイトルとURLをコピーしました