ピーコックストア自由が丘が閉店!跡地には何ができる?

開店閉店情報

東京都目黒区の東急自由が丘駅前にある『ピーコックストア自由が丘店』が5月31日に閉店します。そこで今回は『ピーコックストア自由が丘店』の閉店後の跡地には何ができるのか調査しました。2021年5月19日

スポンサーリンク

ピーコックストア自由が丘店が閉店!跡地には何ができる?

東京都目黒区の東急自由が丘駅前のイオングループ系スーパーの『ピーコックストア自由が丘店』が2021年5月31日(月)の営業をもって閉店します。
「ピーコックストア自由が丘店」の閉店の理由は、建物の老朽化によるもので、『ピーコックストア自由が丘店』を運営するイオンマーケットストアは2023年をめどに建物を新しく建設し、再出店する方針を発表しています。

「ピーコックストア自由が丘店」は、昭和43年(1968年)11月に大丸傘下の総合スーパー、「大丸ピーコックストア自由が丘店」としてオープンしました。

地上4階建て、地下1階で、店舗面積は約3,888㎡。隣接する別館と立体駐車場を備えていました。

2013年4月にイオングループ傘下となり、『ピーコックストア自由が丘店』として再出発しました。

2009年10月には、ユニクロが入り、2013年のユニクロの売り場拡大に合わせて、全館をリニューアルしました。

今回、2021年5月31日の営業をもって、52年の歴史に幕を閉じます。

ちょっと寂しい気もしますが、リニューアル後に生まれ変わるマーケットも楽しみですね!

ピーコックストア自由が丘店
閉店日 2021年5月31日(月)

所在: 東京都目黒区自由が丘2丁目15-4
営業時間:8:00-23:00
建物:地上4階建て、地下1階
店舗面積:約3,888㎡
開店:1968年11月
スポンサーリンク



ピーコックストア自由が丘が閉店!跡地には何ができる?のまとめ

以上、ピーコックストア自由が丘が閉店!跡地には何ができる?をお送りしました。

「ピーコックストア自由が丘店」の閉店の理由は、建物の老朽化によるもので、『ピーコックストア自由が丘店』を運営するイオンマーケットストアは2023年をめどに建物を新しく建設し、再出店する方針を発表しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
開店閉店情報
豆母をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
気になるコトを調べ隊

コメント

タイトルとURLをコピーしました