石田隼都(東海大相模)の中学や父!球速・球種は?

左ピッチャー 野球

名門の東海大相模で、1年春の関東大会からベンチ入りを果たしている石田隼都投手。夏の甲子園では1年生ながらマウンドを経験、2年夏の甲子園交流試合では大阪桐蔭を相手に好投しました。この記事では、石田隼都投手の中学時代や父親について、また球速や球種を調査しました。

スポンサーリンク

石田隼都(東海大相模)の中学は?

石田隼都投手は栃木県真岡市出身で真岡市立真岡中学校を卒業しています。中学時代は、中学ボーイズ名門の真岡ボーイズに所属していました。中学2年の春からエースとして活躍。
中学3年時にはNOMOジャパンにも選ばれアメリカ遠征に帯同、NOMOジャパンエースとして登板しています。最終戦のサンディエゴジョーでは先発、7回まで投げましたが、10奪三振の好投を見せました。

石田隼都のプロフィール

名前:石田隼都(いした はやと)
ポジション:ピッチャー
投打:左投左打
身長:183cm
体重:73kg
生年月日:2003年4月5日
出身:栃木県真岡市
血液型:A型
好きなタレント:千鳥
家族構成:両親・兄・祖父母
経歴:真岡市立真岡小学校→真岡市立真岡中学校→東海大相模高校
ソースはこちら➡ホームラン2021年3月号(第93回選抜高校野球大会展望号)
スポンサーリンク



石田隼都の父

石田投手の父親は石田英生さん。石田隼都投手の小学生時代の野球チーム・真岡クラブの監督をしています。石田隼都投手はお兄さんと2人兄弟で、父親の英生さんは長男に厳しくしすぎたという反省から、弟の隼都投手には伸び伸びと自由にやらせたようです。

石田隼都の球速や球種は?

石田隼都投手の球速は、最速142km
変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップなど。

 

\春の選抜高校野球をもっと楽しみたい方はこちら/

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました