真鍋慧の出身はどこ?読み方や身長!兄や高校通算について!

野球

春のセンバツ、第94回選抜高校野球大会が始まりましたね!この記事では広島県・広陵高校の真鍋慧選手について、名前の読み方、出身や身長などプロフィール、お兄さんや高校通算についてまとめました。また真鍋慧選手の動画も掲載しておりますので合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

真鍋慧の読み方や出身はどこ?

真鍋慧選手の読み方は『まなべ けいた』さんです。『慧』の一文字で『けいた』と読みます。真鍋慧選手のお兄さんの『真鍋駿』さんも『駿』の一文字で『たけと』さんと読みます。

真鍋慧選手の出身地は広島市です小学校時代は瀬野ソフトボールクラブに所属、中学時代は広島安芸シニアでプレイ。広陵高校では1年の夏にはレギュラー入りを果たし、昨秋の明治神宮大会では本塁打を放つなど、活躍しています。

真鍋慧の身長や高校通算は?

真鍋慧選手の身長は189㎝、体重92㎏。1年生ながら強豪・広陵の4番を任されています。高校通算11本塁打と長打力が魅力のスラッガーです。県大会、中国大会、神宮大会と14試合戦った公式戦では打率.453で26打点。勝負を避けられることも多く、四死球はチーム最多の15です。

愛称の『ボンズ』は、メジャーリーグで通算762本塁打を記録した『バリー・ボンズ』選手から。背の高さに加えて打たせたら遠くへ飛ばす、また下の名前『慧』が難しいことから、中井哲之監督がニックネームにつけました。

スポンサーリンク

真鍋慧の兄について

真鍋慧選手のお兄さんは4歳年上の真鍋駿(たけと)さん。2019年、広島商業の4番キャプテンとして夏の甲子園に出場しており、現在は法政大学の野球部でプレイ。広島商業時代の眞鍋駿さん↓

小さい頃から兄の背中を追いかけ、兄を抜かす事が目標でした。兄と同じ広島商業に行ったら兄を追い抜くことができないと思い、強豪の広陵高校に進学して日本一を目指しました。

真鍋慧のプロフィール

読み方:まなべけいた
出身:広島広島市
身長・体重:187㎝92㎏
生年月日:2005年6月17日
打率:.444
出身中学:広島市立瀬野川東中学
出身チーム:広島安芸シニア
家族構成:両親・兄
出典:朝日新聞3月17日、週刊ベースボール【別冊春季号】
それでは最後になりますが、真鍋慧選手の動画を紹介します↓

\こちらの記事も合わせてどうぞ/

広陵高校野球部メンバー2022の出身中学や注目選手一覧
春のセンバツ、第94回選抜高校野球大会が始まりました。この記事では、3年ぶり25回目の出場を果たした広陵高校野球部について、2022メンバーの出身中学や注目選手、並びに監督について調査しました。
春の選抜高校野球2022出場校別出身中学や注目選手一覧
いよいよ第94回選抜高校野球大会が始まりました。この記事では、春の選抜高校野球2022出場校別出身中学や注目選手の記事をまとめました。 ...

 

\選抜野球をもっと楽しみたい/

スポンサーリンク
スポンサーリンク
野球
豆母をフォローする
スポンサーリンク
気になるコトを調べ隊

コメント

タイトルとURLをコピーしました