ナンシー八須のwikiプロフ!経歴や本を調査!夫や子供家族について

人物

アメリカ人の視点から日本食を研究するナンシー・シングルトン・八須さん。

最近、テレビやメディアでよく見かけますが、
ナンシーさんのプロフィールや経歴が気になっている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、ナンシー・シングルトン・八須さんの

  • wikiプロフィール
  • 経歴や著作(本)
  • 夫や子供など家族
  • 公式ブログやインスタグラム

について、まとめてみました。

是非、ご覧ください(^^)/

スポンサーリンク

ナンシー・シングルトン・八須のwikiプロフや経歴

ナンシー・シングルトン・八須(はちす)のプロフィール

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nancy Singleton Hachisu(@nancyhachisu)がシェアした投稿

出身:アメリカ・カリフォルニア州
学歴:スタンフォード大学卒業
来日:1988年に英会話教師として来日
在住:埼玉県神川町

職業:日本食研究家
家族:夫、息子3人

現在は、埼玉の農家で料理研究家として活動しているナンシー・シングルトン・八須さん。

海外でも、日本食やみそ作りの講師としても活躍されています。

日本人より、和食に詳しいナンシー八須さんのレパートリーは、素朴で懐かしいお料理ですよね( *´艸`)

では早速、ナンシー八須さんの経歴や著作を見ていきましょう♪

ナンシー・シングルトン・八須の経歴や本は?

語学と食べ物が大好きだったナンシーさんは、スタンフォード大学で文学を学ぶかたわら、学校近くにあったスシ・バーに足しげく通っていました。

その寿司屋の大将の紹介で、大学卒業後の1988年に日本へ渡り、日本で英語教師の仕事に就きました。

最初は短期の語学留学のつもりだったようですが、居心地が良かったのでしょうね(*^^*)
結果として、英語教師として1年以上、日本に滞在することになりました。

その際、英会話教室の生徒だったご主人と出会い、農家の妻として嫁ぎます。

結婚後は農業の手伝いをしながら、3人の息子を育て、英会話学校の運営にも奔走します。

ナンシー・シングルトンさんのバイタリティ溢れる行動力、ハンパないですよね(^^)/

更に、2001年には、英語と自然を通して子どもの独創性を育む教室「サニーサイドアップ!」をオープンします

2012年には、初めての著作『Japanese Farm Food』を出版し、欧米で高い評価を得ます。

続いて2015年8月には2冊目の著作『Preserving the Japanese Way』を刊行し、
世界の料理ブックの3つの名誉ある賞、

  • アート・オブ・イーティング賞
  • ジェームズ・ビアード賞
  • グルマン賞

の最終候補まで残り、世界中の著名シェフらから絶大な賞賛を受けました。

ナンシー八須さんは、農家に嫁いで、ご主人や夫の両親の仕事を見聞きしていく中で、興味関心が高まり、日々学んだことを記録していきました。

その記録が、後に出版することになった著作のもとになりました。
好奇心旺盛なナンシー・シングルトンらしいエピソードですね♪
近年は、ネットフリックスの食にまつわるドキュメンタリー番組「Salt Fat Acid Heat」に出演されるなど、日米の食メディアにも進出しています。
ネットフリックス→「Salt Fat Acid Heat」
スタンフォード大を卒業したら、ロースクールに通って弁護士になろうと考えていたナンシーさん。
ところが、いつの間にかファームガール(農家の奥さん)になって埼玉で30年が経ってしまったと茶目っ気たっぷりに仰っていますが、ナンシー八須さんの生き方そのもの、好奇心旺盛で実直な生き方が、とっても素敵だなと思います。

『Japanese Farm Food』

アメリカ人のナンシー・シングルトンさんの視点で
日本人の食のルーツを紹介した本です

▼初めての著作▼

この本の中で紹介されるものは、目新しいものではなく、昔ながらの日本食。
豆腐に納豆に厚焼き玉子、天ぷら、雑煮におはぎに梅干しまで。
いずれもすべて身近な『おふくろの味』ですが、食卓にのぼる機会が減ってしまっています。
ナンシーさんのレシピは、素材をいかすシンプルなものが多くレシピとしてももちろん素晴らしいのですが、日本の食にまつわる行事も紹介され、豊作を願う昔の人の気持ちに触れています。

『Preserving the Japanese Way』

▼2冊目の著作▼

スタンフォードの花嫁、日本の農家のこころに学ぶ

2015年発行
カリフォルニアから日本(さいたま)の農家に嫁いで25年以上の著者が、夫、近隣の人々との交流を通じて触れ合ってきた日本の家庭料理や自然の恵みの素晴らしさを語る。
アメリカ人の視点から紹介する「和食」の原点を通じて、忘れられてしまった人間と食にまつわる日本の伝統文化を改めて見つめなおすことのできる一冊。
引用:Amazonブック紹介より(https://www.amazon.co.jp/dp/4537261188)

ナンシーさんの和の台所仕事

2017年発行
日本の暮らしの中で見出した丁寧な台所仕事の魅力をナンシー・シングルトン・八須さんが紹介する本。
ナンシー八須さんが、提案しているのは、
  • なるべく手を使う
  • ひと手間をかける
  • 素材の味をひきたてる味つけをする
  • 毎日続く台所仕事なので無理をしないで楽しむことが大切

の4点。

毎日の台所仕事を、楽しくするヒントが詰まった一冊。

スポンサーリンク




ナンシー・シングルトン・八須の夫や子供など家族について

ナンシー・シングルトンさんの夫は、八須理明(はちす ただあき) さんです。
埼玉県で有機農業を営んでいる方です。
子供は、3人の息子さんたちがいます。
ご主人や息子さんたち家族は芸能人やスポーツ選手でなないので、詳しい情報は公開されていませんが、ナンシーさんのSNSの中で息子さんご夫婦や赤ちゃんと一緒のお宮参りの様子が紹介されていました。
素敵なご家族の様子が伺えます(^^)/

 

この投稿をInstagramで見る

 

Emrys Hachisu: Omiyamairi (first shrine visit) at Kanasana Jinja.

Nancy Singleton Hachisu(@nancyhachisu)がシェアした投稿 –

ナンシー・シングルトン・八須のブログやインスタグラムは?

ナンシーさんの公式サイトはコチラ▼

NANCY SINGLETON HACHISU

ナンシーさんの公式インスタグラムはコチラ▼

ナンシー・シングルトン・八須のwikiプロフ!経歴や夫家族のまとめ

ナンシー・シングルトン・八須のwikiプロフ!経歴や夫家族を調査!以上、ナンシー・シングルトン・八須さんの

  • wikiプロフィール
  • 経歴や著作(本)
  • 夫や子供など家族

についてお送りしました。

最後までありがとうございました(^_-)-☆

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました