ジャッキーウーは何歳?出身地や本名は?出演作品がすごい!

人物

8月15日放送のTVS情報番組『サンデージャポン』に、河野景子さんと再婚が噂されるジャッキーウー氏が生出演しまいた。ジャッキーウーさんについて、ジャッキーウーってどんな人?年齢や出身地、本名について調査しました。また、国際的な俳優とのことですが、ジャッキーウー氏のこれまでの出演作品についてもまとめました。

スポンサーリンク

ジャッキーウーは何歳?出身地はどこ?

ジャッキー・ウーさんの年齢は、公開されておりませんが、文春によると河野景子さんより年上との事。また、週刊Primeによると”お互い50台なかば〜”とあり、河野景子さんが現在56歳なので、それよりも年上で50台なかばってことは、アラ還の57歳か58歳くらいではないでしょうか

若々しくって、とてもアラ還世代に見えませんね。(ソースはこちら▷週刊Prime

2020年12月22日、フジテレビ「ノンストップ!」にVTR出演をした際に、ジャッキーウーさん自身から年齢についてのコメントがありました。雑誌や報道では、60歳前後とされていることについて、60代ではないと否定。当ブログで推定した通りの57〜58歳だと思われます👇

自身の年齢について「年齢不詳で通させていただいているんですけど“推定60歳前後”と記事に書いてありましたのでね。前後の“後”はちょっと失礼かなと思いました」と笑顔で語り、河野さんと同年代であることをうかがわせた。

ソースはこちら▼
https://news.yahoo.co.jp/articles/fada4bdc7c9aaac0f87c4577ae041ece1f247f86

出身地は神奈川県で、横浜の中華街で育ったようです。

ジャッキーウーさんは、フィリピンや中国、台湾などで活躍する国際的な俳優で、映画プロデューサーでもあり、はたまた映画監督としても活動している方です。

さらにラジオパーソナリティもとしても活躍しています。

その上、エステを経営しているとのこと、どんだけマルチプレイヤーなんでしょうか🙄

ジャッキーウー氏の経営するエステサロンはこちらをご覧ください▼

河野景子さんも、こちらの美容エステのお客さんだったそうですよ😘
ジャッキー・ウーの美容エステは恵比寿のどこ?経歴は?

ジャッキーウーの本名は?

ジャッキーウーさんは、中国人2世の父親、日本人の母親を持つので、中国人3世になるのでしょうか。国籍は日本国籍のようです(ソースはコチラ☞夕刊フジ)。

ジャッキーウー氏の本名は、年齢同様、公開されていないようですが、一部のネット情報では「○平○○」さんだと紹介していましたが、明確な根拠がなかったので、こちらでは伏せ字とさせていただきますね(._.)

ジャッキーウーさんの経営するサロンで、美顔器を購入したという方の投稿によると、ジャッキーウーさんのことを「大〇社長さん」と呼んでいるので、ジャッキーウーさんの本名は「大平さん」であってるかもしれませんね!

ジャッキーウーの芸名について

12月22日、フジテレビ「ノンストップ!」にジャッキーウー氏がVTR出演し本人自ら、自身の素性について語りました。その中で、「ジャッキー・ウー」の芸名は、自身が憧れる「ジャッキー・チェン」の「ジャッキー」と、父親の名前「ウー」をミックスさせて作ったものと話していました。

 

ここからは、ジャッキーウーさんの簡単な略歴を紹介します。

ジャッキーウーのプロフィール
  • 1990年
    ▶化粧品の訪問販売会社を設立
    (今から30年前で、現在アラ還だとするとアラサーの時期でしょうか?!)
  • 1996年~
    ▶香港を渡り、俳優としての活動を開始
  • 1998年〜
    ▶フィリピンへ渡り、プロデューサーとして映画「TOTAL AIKIDO」の製作に携わるも、監督の熱望で主役として出演。この映画がフィリピンでブレイクし、以降絶え間なく映画に出演します。今から22年前なので、俳優ブレイクはアラフォーなのかなと勝手に想像してます。
    ▶フィリピンでは歌手としても活躍し、「ゴールド・ディスク」を受賞
  • 2013年〜
    ▶映画「DEATH MARCH」でカンヌ国際映画祭ノミネートされ、拠点をヨーロッパに変えてさらに活躍
    ▶「イタリア・ミラノ国際映画祭」、「イギリス・ロンドン国際映画祭」、「フランス・ニース国際映画祭」と様々な国で、様々な映画作品で、最優秀主演男優賞を受賞

 

スポンサーリンク




ジャッキーウーの出演作品

フィリピンへ渡った際に、「地獄の黙示録」や「プラトーン」に携わった映画スタッフとの出会い、映画『TOTAL AIKINDO』のプロデューサーとして製作に関わります。

ところが監督に俳優としての才能を見いだされ、映画『TOTAL AIKINDO』の主役として抜擢されます。この映画でジャッキーウーの人気が爆発し、以後、中国や台湾など多数の映画に出演することになります。

さらに、ジャッキー・ウーさんは、フィリピンで歌手デビューを果たし、ゴールドディスク賞を受賞する人気ぶりでした。その後も、ウー人気は続きます。

ジャッキー・ウー主演の中国・香港の合作映画『少林キョンシー』は中国でブームに火が付き、世界60カ国で公開される人気ぶりでした。キョンシー懐かしいです!子供の頃にめっちゃ流行りました。


 

2006年には自身が作詞・作曲したシングルCD『架け橋』を発売します。

フィリピンでは、歌手デビューも果たし「ゴールドディスク」を受賞しています。

ジャッキーウーは映画監督でも活躍

ジャッキーウーさんは、映画監督としても活躍されています。

2013年5月、映画『Death March』がカンヌ国際映画祭 UN Certain 部門にノミネートされると、翌年2014年は、マンハッタン国際映画祭にて映画『KAIKOU』で最優秀監督賞を受賞するなど多才ぶりを発揮。

▼ジャッキーウー制作映画・「KAIKOU(邂 逅)」
ベルリン映画監督国際映画祭
「外国語映画最優秀監督賞」受賞

 

2016年には、マドリード国際映画祭で映画『TOMODACHI(ともだち)』が最優秀外国映画監督賞を受賞。

続くミラノFM国際映画祭でも『20years』が最優秀外国映画主演男優賞。

2017年、イギリス・ロンドン国際映画祭、『TOMODACHI(ともだち)』で最優秀主演男優賞、マドリード国際映画祭において映画『HARUO』最優秀外国映画主演男優賞・最優秀映画音楽作曲賞をダブル受賞

2019年には『ばあばは、だいじょうぶ』でミラノ国際映画祭W受賞と、なんともすごい経歴でございます。

監督としての評価も、俳優としての評価も、半端ないですね!

ジャッキーウーさんのインタビューです▼是非ご覧ください

ジャッキーウーは何歳?出身地や本名は?出演作品がすごい!のまとめ

以上、ジャッキーウーの年齢や出身地はどこ?本名は?出演作品がすごい!をお送りしました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物
スポンサーリンク
豆母をフォローする
気になるコトを調べ隊

コメント

タイトルとURLをコピーしました