山中竹春の父親は誰?出身は秩父のどこ?

人物

令和3年8月22日、横浜市長選で初当選を果たした、元横浜市立大学教授・山中竹春氏(48歳)。この記事では、山中竹春氏の父親や妻など家族について、出身地は秩父のどこなのか、調査しました。

スポンサーリンク

山中竹春氏の父親は誰?

山中竹春氏の父親について、ベイスターズの専務だったり、法政大学の野球部監督をなさっていた山中正竹さんと親子ではないか?という噂がありました。「竹春」と「正竹」と同じ漢字で名前が似ていますね。

ツイッターでも、「彼(山中竹春氏)の父は、山中正竹で、baystarsの元専務、母は山中悦子・元社民党議員候補」だという投稿が見られましたが、2人が親子であるという確信できそうな、信ぴょう性の高い情報は得られませんでした。

一方で、市長選の演説中に(ご自身に)「要介護の父親がいる」と話していました。

色々と調査しましたが、山中竹春氏とベイスターズ元専務の山中正竹氏が関係が名言できる情報はありませんでしたm(__)m

引き続き、調査を行って新しい情報が入り次第、追記いたします。

スポンサーリンク




山中竹春氏の出身は秩父のどこ?

山中竹春さんは埼玉県秩父市の出身ですが、秩父のどこかまでは特定するには至りませんでした。ただ、山中竹春氏は秩父市立秩父第一中学校に通っていたので、秩父第一中学の校区にご自宅があると思われます。

中学卒業後は、埼玉県本庄市にある早稲田大学本庄高等学院に進学、高校時代はラグビーに熱中していたようです。実はめっちゃスポーツマンなんですね!

早稲田大学政治経済学部在学中に、データサイエンスの方法論に強い興味を抱き、大学卒業後には同大学理工学部数学科、同大学大学院理工学研究科(数学専攻)で学びました。2000年3月に早稲田大学大学院を修了した後、九州大学医学部付属病院の助手となり、2002年にアメリカ国立衛生研究所の所属期間に留学し、同年から2004年まで、同研究所のリサーチフェローを務め、博士号を取得。その後、先端医療振興財団の研究員、国立暴飲気候九州癌センター室長、部長などを経て、2014年、横浜市立医学部教授に就任しました。

山中竹春氏の父親は誰?出身は秩父のどこ?のまとめ

以上、山中竹春氏の父親は誰?出身は秩父のどこ?をお送りしました。

山中竹春氏の父親は、ベイスターズの元専務の山中正竹氏だという噂がありましたが、この噂が正しいと言い切れる情報は得られませんでした。

山中竹春氏の出身地は、埼玉県の秩父市出身ですが、秩父市立秩父第一中学校に通っていたことから、秩父第一中学校区に実家があると思われます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物
スポンサーリンク
豆母をフォローする
気になるコトを調べ隊

コメント

タイトルとURLをコピーしました