チュクネレジョエル優人はハーフ?父について!高校や中学、戦績も!

駅伝マラソン陸上

6月19日(日)放送のミライモンスターに走り高跳びの天才と呼ばれるチュクネレジョエル優人選手が登場します。チュクネレ・ジョエル優人選手はハーフなのか、父親や戦績、出身中学や高校も気になります。そこで今回は、チュクネレジョエル優人選手はハーフ?父について!高校や中学、戦績について調査しました。

スポンサーリンク

チュクネレ・ジョエル優人選手はハーフ?父親について

チュクネレ・ジョエル優人選手は、父がナイジェリア人で母が日本人のハーフです。お父さんはどこのチームかは不明ですが、元プロサッカー選手とのこと。運動神経はきっと父親譲りなのでしょう!兄弟がお姉さんと妹がいる3人兄弟の真ん中っこです。

チュクネレ・ジョエル優人のwikiプロフィール
生年月日:2004年8月13日
学年・年齢:高校3年・17歳(2022年6月時点)
身長・体重:185㎝・64kg(2021年11月時点)
出身:千葉県松戸市
小学校:松戸市立小金小学校
中学:松戸市立小金中学校
高校:八千代松陰高校

スポンサーリンク

チュクネレ・ジョエル優人選手の高校や中学はどこ?戦績について

チュクネレ・ジョエル優人選手の高校は八千代松陰高校、出身中学は松戸市立小金中学校です。

松戸市立小金小学校の5年時より陸上競技を始めており、この時は陸上の全種目に取り組んでいましたが、大会で走高跳の部門で優勝したことから、中学校では走高跳に専念しました。中学3年時(2019年)の8月、大阪府で開催された「第46回全日本中学校陸上競技選手権大会」では1m96㎝をマーク、全国の初舞台で優勝します。
千葉県総体・関東大会では2m02㎝をマーク、中学生で2m以上を跳んだ選手はチュクネレ選手だけでした。その大会の映像がこちら👇

高校1年時には、高1歴代6位タイの2m09㎝をマーク。高校1年で2m09以上をクリアしたのはこの時10年ぶりでした。

高校2年(2021年)の夏の全国高等学校総合体育大会では、2m12㎝の記録で優勝しています。

高校3年(2022年)5月の千葉県高校インターハイでは2m08㎝をマークしますが、同郷で同学年のライバル梅原優太郎さん(2m11㎝)に次ぐ2位という結果でした。

今後の活躍が楽しみですね!

スポンサーリンク




チュクネレジョエル優人はハーフ?父について!高校や中学、戦績も!のまとめ

以上、チュクネレジョエル優人はハーフ?父について!高校や中学、戦績も!をお送りしました。

✅チュクネレ・ジョエル優人選手は、父がナイジェリア人で母が日本人のハーフです。

✅チュクネレ・ジョエル優人選手の高校は八千代松陰高等学校、中学は松戸市立小金中学です。

✅チュクネレ・ジョエル優人選手の戦績については本文をご覧くださいm(__)m

スポンサーリンク
スポンサーリンク
駅伝マラソン陸上
豆母をフォローする
スポンサーリンク
気になるコトを調べ隊

コメント

タイトルとURLをコピーしました