チョコフォンデュが固まる原因とチョコが固まらない方法を紹介します

グルメ

チョコフォンデュをお家でやる時の失敗!

トロトロになったと思ったのに、
すぐ固まりになってしまう(;´Д`)

この記事では、
チョコが固まってしまう原因
チョコが固まらない方法
紹介します。

スポンサーリンク

チョコフォンデュが固まってしまう原因とその解決策

チョコレートだけでチョコフォンデュを作った‼

チョコレートだけのフォンデュでは、
すぐに固まってしまいます‼

牛乳や生クリームを少し加えて作りましょう(^_^)v

チョコを電子レンジで温めすぎた

電子レンジでチョコレートを温める場合、
加熱ムラができてしまい、
チョコが高温になってしまいます。

チョコレートを温める場合は、
60度を超えないことが大事!

60度以上になると、
チョコがボソボソになります(;´Д`)

電子レンジを使うと、
時間が少しでも長いだけで、
温度がかなり高くなってしまいます。

  • 電子レンジを使うなら、
    10秒ずつ加熱して、様子を見ながら温める
    又は
  • 細かく刻んだチョコをボールに入れ、
    約50~55度のお湯で湯せんする方法

でやってみてください。

チョコを湯せんする時は、
水滴が入らないように、
細心の注意を払ってください!

チョコが分離する原因となります( ;∀;)

加える牛乳が冷たかった

チョコを溶かした後に加える牛乳も温めてから入れましょう。

チョコが溶けたところに、
冷たい牛乳が入ると、
その温度差でチョコが固まってしまいます(;´Д`)

牛乳(生クリーム)を温める場合は、
小鍋に牛乳を入れて、
中火で加熱します。

牛乳(生クリーム)の周りが、
フツフツと泡が出てきたらOK

鍋の火を止めて、
溶かしたチョコのボールに入れ、
ゴムベラで混ぜるだけです(^_^)v

こんな感じのトロリーンになりますヽ(^o^)丿

スポンサーリンク




チョコフォンデュでチョコが固まらない方法

チョコが固まらないコツ

  1. チョコレートだけのレシピではなく、
    牛乳や生クリームを使ったレシピで作ること‼
  2. チョコレートを溶かす時は、
    50~55度のお湯で湯せんするか、
    電子レンジは10秒ずつ加熱する。
  3. 水分が入らないように細心の注意を払う‼
  4. 牛乳や生クリームは、温めてから加えること‼

チョコが固まらない方法・レシピ

材料【手軽に作れる分量】
ロッテガーナミルクチョコレート:2枚(100g)
牛乳:大さじ2
生クリーム:大さじ2

作り方
❶チョコは細かく刻んでボールに入れる。
❷約50~55度のお湯で湯せんにかけて溶かす。
❸牛乳と生クリームを小鍋に入れて、
中火にかけ軽く温める。
❹牛乳と生クリームの周りが、
フツフツしてきたら、火を止める。
❺手順❹を溶かしたチョコのボールに入れる。
❻ゴムべらで、滑らかになるまで混ぜて、

出来上がりですヽ(^o^)丿

生チョコ作りの記事も人気です▼
合わせてチェックしてみて下さい♪
市販の板チョコで作る生チョコ 失敗しないレシピを紹介!

スポンサーリンク




最後に

チョコフォンデュが固まらないようにするコツは、
4つのポイントを押さえると大丈夫(^_^)v

  1. チョコレート単体のレシピではなく、
    牛乳や生クリームを使うレシピで作ること‼
  2. チョコレートを溶かす方法は、
    50~55度のお湯で湯せんする、又は
    電子レンジにかけるなら10秒ずつ加熱する。
  3. 水分が入らないように細心の注意を払う‼
  4. 牛乳や生クリームは、温めてから加える‼

美味しいチョコフォンデュを楽しんでくださいね~

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました