クッキー焼き立ては柔らかい?原因と対処法

グルメ

焼き立てのクッキー、家中に香ばしい良いにおいがしますね♪
ですが焼き立てのクッキーが柔らかいと、焼けてないのかな?もう一度、焼き直した方が良い?と不安になりますよね!
そこで今回は焼き立てのクッキーが柔らかい原因と対処法を紹介します。

スポンサーリンク

焼き立てのクッキーは柔らかい?

そもそも、焼き立てのクッキーは、柔らかいのが正解なのです∩^ω^∩

では、その理由はなぜでしょうか?

焼き立てのクッキーが柔らかい理由

焼きあがってすぐのクッキーは、
中の水分が抜け切っていないので柔らかいのです。

逆に言うと、焼き立ての時点で固かなってしまっているクッキーは、
冷めた時に、ガッチガチの硬いクッキーになってしまうんです(T ^ T)

クッキーをクーラーにうつすタイミングは?

クッキーの粗熱が取れてから、ケーキクーラーなどに移します。
粗熱が取れる頃には、中の水分がほぼ蒸発します。
冷めてくると、固くサクサクのクッキーになります。
なので、焼けてもすぐに天板から下ろさないで下さいね(^。^)

しっかり粗熱が取れ、クッキーが崩れなくなってからケーキクーラーにうつしましょう(^。^)クーラーに移さないと、今度は余熱で焼きすぎになります。

また、クッキーの裏側が蒸れて、しっけてしまうので、必ずケーキクーラーにうつしましょう。

スポンサーリンク



クッキーの粗熱が取れても柔らかい場合の対処法

レシピ通りに焼いて、時間が経っているのに柔らかい場合は、他に原因があります。

オーブンの温度が低かったか、焼く時間が短かかった可能性があります。

その他、クッキー生地が厚過ぎた(高過ぎた)可能性も考えられます。

もう一度焼いてみる

レシピの温度で、しっかり予熱してから、追加で5分焼いてみて様子を見てください(^。^)

すでにクッキーに焼き色がついている場合は、レシピの設定温度より10度低い温度で5分焼いてみて下さい。

温度を下げる事で、表面は焼かずに、中の水分を飛ばす乾燥焼きをします。

10度低い温度で焦げそうな場合は、更に10度ほど温度を下げて焼いてみて下さいね(^。^)

オーブンによって、焼け方は千差万別なので、試していくしかないのです。ファイト٩( ‘ω’ )و

トッピングしてリメイクする

チョコレートやマシュマロ を溶かして、クッキーにトッピング、リメイクする方法もあります。

クッキーの厚み

クッキー生地は薄めの方が早く、さくっと焼き上がります。

画像の右上のクッキーだけ、薄めの生地で型抜きしてしまったんです。

同じ天板で作っても、ほかのクッキーより早く焼き色がついて、サクサクになりました。

オーブンによっても、焼けかたも変わりますので、ご自分のおうちのオーブンの癖を見つけて行って下さい。

スポンサーリンク



クッキー焼き立ては柔らかい?原因と対処法のまとめ

以上、クッキー焼き立ては柔らかい?原因と対処法をお送りしました。

一つずつ原因をつぶしていってみて下さいね♪

なんだか理科の実験のようで楽しくなってきますよ( ´艸`)

美味しいクッキーを焼きあがりますように♪(´ε` )

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました