石川大我の大学や高校など学歴や経歴!

人物

この記事では、立憲民主党所属の参議院議員の石川大我氏の出身大学や高校など学歴や経歴についてまとめました。

スポンサーリンク

石川大我の大学や高校など学歴

石川大我氏の出身大学は、明治学院大学法学部です。明治学院大学では、法律学科を専攻しており、同大学卒業後、早稲田大学の大学院で政治学研究科公共経営専攻専門職学位課程を修了しています。高校については、現在、調査チュです。分かり次第、追記いたします。

石川大我のプロフィール

本名:石川大我(いしかわ たいが)
生年月日:1974年7月3日
年齢: 47歳※2021年8月時点
出身:東京都豊島区西巣鴨
学歴: 明治学院大学法学部法律学科卒業を経て早稲田大学大学院政治学研究科大学卒業
職業:参議院議員(1期)
所属:立憲民主党所属
ソースはこちら→Wikipedia
スポンサーリンク



石川大我の経歴は?

東京都豊島区西巣鴨に生まれ、豊島区立朝日小学校、豊島区立朝日中学校を卒業します。明治学院大学法学部では法律学科を専攻しており、同大学を卒業した後、早稲田大学の大学院に進学します。大学院では、政治学研究科公共経営専攻専門職学位課程を学びました。

2000年4月より「高橋タイガ」の名義で同性愛に関する情報を提供する講演活動等をスタートしています。2002年より石川大我として活動。

2002年7月に「ボクの彼氏はどこにいる?」を上梓。

その後、「ピアフレンズ」という同性愛者当事者向けのイベントを主宰するようになり、2009年7月、ピアフレンズはNPO法人として登記し、石川大我氏が代表理事に就任。

2007年8月の東京プライドパレードにおいて社民党党首の福島瑞穂に呼びかけ、福島らと共に行進した。

2008年からNHK教育「ハートをつなごう」(ゲイ/レズビアン編・LGBT編)に出演をスタート。福島の秘書を務め、2010年に国会議員政策担当秘書の資格を取得します。2011年4月、東京都豊島区議会議員選挙に社会民主党公認で出馬し当選を果たします。

2013年9月、党首を辞任した福島の後任を決める2013年社会民主党党首選挙に立候補を表明するも吉田忠智氏に敗れ落選。

2014年12月、第47回衆議院議員総選挙に比例東京ブロックの社民党単独1位候補として立候補し、豊島区議会議員を失職。選挙の結果、落選。

2015年4月の第18回統一地方選挙で豊島区議会議員選挙に社民党公認で立候補、当選し約5ヶ月ぶりに豊島区議会議員に復帰します。

2017年7月、「LGBT自治体議員連盟」を設立し、翌2018年2月に社民党を離党。同年11月に立憲民主党に入党します。2019年7月21日に行われた参院選で初当選します。

石川大我氏は尾辻かな子に続いて、日本で同性愛者(LGBT)であることを世間に公表している2番目の国会議員となりました。

石川大我の大学や高校など学歴や経歴のまとめ

以上、石川大我の大学や高校など学歴や経歴!をお送りしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物
スポンサーリンク
豆母をフォローする
気になるコトを調べ隊

コメント

タイトルとURLをコピーしました