金井大旺の身長や体重!筋肉がやばい(画像あり)!

金井大旺 歯科医 大学 高校 駅伝マラソン

2020年陸上日本選手権男子110m障害走チャンピオンの金井大旺選手。この記事では金井大旺選手の身長や体重、筋肉の画像を調査しました。
記事の後半では、金井選手の動画を掲載しておりますので合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

金井大旺の身長や体重!

金井大旺選手の身長と体重は、179㎝・73㎏です。
想像よりも背が高くてびっくりしましたが、世界的に見てみると、障害走の選手としてはめっちゃ高いわけではないようです。
世界選手権メダリストのバラージュ・バーイ選手(ハンガリー)は192㎝と2m近くあります☟

 

この投稿をInstagramで見る

 

金井大旺(TAIO KANAI)(@kanai0928)がシェアした投稿

 

因みに、国内短距離の他の陸上選手の身長と体重は☟

  • 山縣亮太選手は177㎝・74㎏
  • 桐生祥秀選手は175㎝・68㎏
  • ケンブリッジ飛鳥選手は180㎝、76㎏

ケンブリッジ飛鳥選手と同じくらいの身長ですね☟

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rei(@rei0421)がシェアした投稿

スポンサーリンク




金井大旺の筋肉がやばい(画像あり)!

金井大旺選手の筋肉が凄いと評判です。

ふくらはぎのヒラメ筋とか、太ももの筋肉とか☟

 

この投稿をInstagramで見る

 

VANILLA MOON(@vanilla_moon11)がシェアした投稿

ハードルを飛び越える時の足の筋肉は、女性は勿論のこと、男性でも惚れぼれするくらいの金井選手の筋肉ヤバいです!(^^)!

 

この投稿をInstagramで見る

 

りんりん(@rinrin6610)がシェアした投稿

スタート☟

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuka.m(@yellow401freesiamj)がシェアした投稿

一つ目のハードルまでのスタートダッシュ☟

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuka.m(@yellow401freesiamj)がシェアした投稿

それでは最後になりますが、2018年、金井選手の日本新記録を出した時の動画を紹介します。

スポンサーリンク




金井大旺の身長や体重!筋肉がやばい!のまとめ

以上、金井大旺選手の身長や体重、筋肉がやばい!をお送りしました。

金井大旺選手の身長179㎝、体重は73㎏でした

国内短距離の他の陸上選手の身長と体重は☟
・山縣亮太選手は177㎝・74㎏
・桐生祥秀選手は175㎝・68㎏
・ケンブリッジ飛鳥選手は180㎝・76㎏

ケンブリッジ飛鳥選手と同じくらいの身長です。

筋肉は、男性から見ても惚れ惚れするほどのたくましい筋肉です🙌

東京オリンピックで、全力を出し切って是非とも頂点に立って欲しいですね!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました