北口榛花の旭川東の戦績や握力は?

駅伝マラソン陸上

女子やり投げのエース、北口榛花さん。この記事では、北口榛花選手の旭川東高校時代の戦績についてまとめました。また、北口榛花さんの握力がすごい!と噂になっているので、握力についても調査しました。

スポンサーリンク

北口榛花の旭川東時代の戦績

2015年
第9回世界ユース陸上競技選手権大会やり投(500g)優勝
第31回日本ジュニア陸上競技選手権大会やり投(600g)優勝2016年:
セイコーゴールデングランプリ陸上2016川崎やり投(600g)3位
第100回日本陸上競技選手権大会やり投(600g)3位
U-20世界陸上競技選手権大会やり投(600g)第8位

2018年:
第87回全日本学生対校選手権60m48で優勝
第73回国民体育大会では58m83で優勝

北口榛花さんは、小学生時代から水泳やバドミントンなど色んなスポーツに取り組んできたスポーツ少女でした。やり投げは、旭川東高校に入学してから始めました。そして競技を始めてからわずか1年足らずでインターハイ優勝しています。素晴らしい運動能力ですね!

2015年には、日本陸上競技連盟の「ダイヤモンドアスリート」の認定を受け、コロンビアのカリという場所で行われた世界ユース選手権で優勝しています。しかも、世界ユース選手権では主将もつとめています。

競技の実力だけではなく、人望もあったということですね!

スポンサーリンク




北口榛花の握力は?

北口榛花さんの握力は、残念ながら公表されていません。

女性の握力は平均30kg位と言われていますが、握力がスゴイ!と噂になるくらいなので、40~50kgはいっているのかもしれません。

同じやり投げ競技の海老原有希選手が、テレビの番組内で47.1kgを記録したことがあったので、北口榛花さんも海老原選手と同じくらいの数値は叩き出せるのではないでしょうか。

因みに、海老原有希選手は63m80の女子日本記録保持者でしたが、北口選手が2019年10月に自己ベストの66m00で海老原選手の記録を塗り替えています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
駅伝マラソン陸上
スポンサーリンク
豆母をフォローする
気になるコトを調べ隊

コメント

タイトルとURLをコピーしました