荒篤山の読み方!中学は緑区のどこ?フィリピンはいつまでいた?

相撲

横浜市出身の大相撲力士「荒篤山」ですが名前なんと読むのでしょうか?また出身中学が気になる方が多いようです。そこで今回は、「荒篤山」の読み方!中学は緑区のどこ?というテーマで調査しました。また、記事の後半に「荒篤山」の動画を掲載しております。合わせてチェックしてみて下さい♪

スポンサーリンク

荒篤山の読み方!フィリピンにはいつまでいた?

荒篤山の読み方は『こうとくざん』です

荒篤山の本名は『寺井ジャスパーケネス』。母親の母国であるフィリピンで生まれ、12歳までフィリピンで過ごしました。

横浜市緑区の中学に入学します。中学卒業後に角界入りし、2009年秋場所の初土俵から12年で関取に昇進しました。

荒篤山の出身中学は横浜市緑区のどこ?

荒篤山の出身中学は、横浜市緑区十日市場町にある十日市場中学校です↓

12歳まで母親の母国フィリピンで育っった荒篤山は、来日当初は「はい」と「いいえ」しか日本語が分かりませんでしたが、来日してすぐ十日市場中学校に入学。クラスメイトに恵まれ、軟式野球部に入部し白球を追いかけました。中学2年の時に荒汐部屋の千秋楽パーティーに父親と参加し、それがご縁で荒汐親方夫妻から稽古に誘われました。その時の親方夫妻や部屋の先輩方を見て、いい人ばかりと印象がとても良かったため、中学卒業後は迷わず角界に飛び込みました。

荒篤山のwikiプロフィール

本名:寺井ジャスパーケネス
出身:神奈川県横浜市緑区
中学:十日市場中学校
十両昇進:2021年(令和3年)大相撲名古屋場所(七月場所)
所属:荒汐部屋

それでは最後になりますが、荒篤山の動画を紹介します。

スポンサーリンク




荒篤山の読み方!中学は緑区のどこ?フィリピンはいつまでいた?のまとめ

以上、荒篤山の読み方!中学は緑区のどこ?フィリピンはいつまでいた?をお送りしました。

  • 荒篤山の読み方は『こうとくざん』です
  • 荒篤山の出身中学は緑区の十日市場町にある十日市場中学校
  • 荒篤山はフィリピンには生まれてから12歳までいました

 

\大相撲をもっと楽しみたい方はどうぞ/


スポンサーリンク
スポンサーリンク
相撲
豆母をフォローする
スポンサーリンク
気になるコトを調べ隊

コメント

タイトルとURLをコピーしました