市販の板チョコで作る生チョコ 失敗しないレシピを紹介!

グルメ

市販のチョコレートは、各メーカーにより成分が微妙に違います。カカオマスや脂肪分の成分の違いで、生チョコの仕上がりに差が出ます。ですから、生チョコ作りに板チョコを使う場合は各メーカーが推奨する分量レシピで作ることをススメします!
この記事では、各メーカーの板チョコを使った各メーカー推奨の生チョコレシピを紹介します。

スポンサーリンク

市販のチョコレートで生チョコを作ると固まらない?

生チョコが固まらない原因の一つに、
スーパーやにある市販の板チョコを使ったこと
が考えられます。

固まらない理由は市販の板チョコは製菓用チョコレートに比べてカカオ成分が少ないから‼

 

じゃぁ、市販の板チョコでは生チョコが作れないの⁈

いえいえ、そんなことはありません!

市販の板チョコを使う場合、

簡単なコツがあるんですよ‼

 

そのコツとは、
各メーカーが提案しているレシピを使うと言ううこと💛

チョコレートメーカーが発表しているチョコレシピのサイトには、そのメーカーのチョコレートを使った場合の材料や分量が掲載されています。

同じメーカーのチョコレートであっても、ミルクチョコやブラックチョコとチョコレートの種類によって生クリームの量やバターを使ったりと、レシピが微妙に違います!

主要なメーカーの生チョコレシピを紹介します。

詳しくは、各メーカーの公式サイトをご確認下さいm(__)m

明治ミルクチョコを使う場合のレシピ

  • 明治ミルクチョコレート 250g(5枚)
  • 明治北海道十勝純乳脂(or生クリーム) 100cc
  • ピュアココア 適量

生クリームの脂肪分に関しては、特に記載されていませんでした。

明治公式サイト⇒基本の生チョコの作り方

ガーナミルクを使う場合のレシピ

  • ガーナミルク 150g(3枚)
  • 動物性の生クリーム 80㏄
    ⇒脂肪分40%以上の場合の量です。
    ⇒脂肪分30%台の生クリームの場合は、55ccに減らす。
  • 無塩バター 15g
  • 粉糖 適量(ココアの代わりに粉糖をまぶすレシピです)
    ⇒好みでココアパウダーをまぶしても大丈夫(^_^)v

ロッテガーナ公式サイト⇒生チョコの作り方

ガーナブラックを使う場合のレシピ

  • ガーナブラック 150g(3枚)
  • 動物性 生クリーム70cc
    ⇒脂肪分40%以上の場合の量です。
    脂肪分が30%台の生クリームの場合は、55ccに減らす。
  • 無塩バター 15g
  • ブランデー小さじ1.5(1+1/2)
    ⇒ブランデーを入れない時は、同量の生クリームを入れます!
  • ココアパウダー 適量

ロッテガーナ公式サイト⇒生チョコの作り方

ガーナローストミルクでつくる場合

  • ガーナローストミルク 150g(3枚)
  • 生クリーム70cc
    ⇒脂肪分40%以上の場合の量です。
    脂肪分が30%台の生クリームの場合は、55ccに減らす。
  • ココアパウダー適量

バターやブランデーは無しでガーナミルクと同様に作ります。
固まったらココアパウダーや粉糖をふります。
好みで、岩塩を少~しかけても美味しいです。

ロッテガーナ公式サイト⇒生チョコの作り方

ガーナホワイトで作る場合

  • ガーナホワイト180g(4枚)
  • 生クリーム90cc
    ⇒脂肪分40%以上の場合の量です。
    脂肪分が30%台の生クリームの場合は、75ccに減らす。
  • 無塩バター 15g
  • オレンジリキュール 小さじ1/2~1お好みで
  • 粉糖適量

オレンジリキュール無しの場合は、同量の生クリームを入れて作ります。

ロッテガーナ公式サイト⇒ホワイト生チョコの作り方

ホワイトチョコレートが白い理由

余談ですが、チョコレートの茶色い色は、カカオ豆をローストしたカカオマスの色です。

ホワイトチョコには、茶色の色の元となるカカオマスが入っていないので白いのです。
(ココアバターだけが入っています)

カカオの実から取り出したカカオ豆をローストしたのがカカオマスです。

このローストした色がチョコレートの茶色い色になる訳です💛

手間暇かけて作られるんですね!

スポンサーリンク




市販のチョコレートで生チョコを作ると失敗する?のまとめ

市販の板チョコでも、生チョコを失敗をすることはありませんよ!

メーカーの違いや、チョコレートの種類によっても、
含まれる成分の違いによって、レシピが変わります!

更には、
使用する生クリームの脂肪分によっても、量が変わります。

各メーカーが提案するそのチョコレートを使ったレシピを使う事が成功への近道です!

参考に作ってみてくださいね!

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました