塩竈みなと祭2022の混雑予想!屋台の時間と場所はどこ?

エンタメ

2022年7月17日(日)、18日(月)、宮城県塩竈市で塩竈みなと祭が3年ぶりに開催されます。この記事では、塩竈みなと2022の混雑予想!屋台の時間と場所について調査しました。

スポンサーリンク

塩竈みなと2022の混雑予想

塩竈みなと祭前夜祭花火は県内でもトップクラスの人気の花火大会のため、例年たくさんの人が来場して混雑します。花火が始まる2時間前の18時ごろから人が一気に増えます今年は3年ぶりの開催となるため、大混雑が予想されます。天気にもよりますが晴れていれば、さらに人が増えるでしょう。

花火大会が終わると今度は、一斉に家に帰る人で駅までの道や本塩釜駅構内で大混雑すると予想されます。
帰りの大混雑、大渋滞を避けるためには花火終了10分前に会場を出ると良いでしょう。

 

コロナ禍前の前夜祭の混雑ぶりはこちらを参考にして下さい。
2018年前夜祭花火大会の本塩釜駅構内の様子👇

開始前の観覧場所はボチボチで激込みって感じではなかったようですね👇

塩竈みなと祭2022屋台の時間と場所はどこ?

塩竈みなと祭2022の屋台は、港町公園に午後4時30分から午後9時まで『縁日広場』が開かれます。地元の特産品を中心に飲食の提供が行われます。

例年出ている屋台の種類は、海鮮焼き、蒲鉾、牡蠣焼き、マグロの串焼きなど海鮮焼き、焼きそば、たこ焼き、焼き鳥、いちご飴、りんご飴、かき氷などが出ています。

2018年塩竈みなと祭前夜祭の屋台の様子👇

塩竈みなと祭2022の混雑予想!屋台の時間と場所はどこ?のまとめ

以上、塩竈みなと祭2022の混雑予想!屋台の時間と場所はどこ?をお送りしました。

塩竈みなと祭前夜祭花火は県内でもトップクラスの人気を誇る花火大会で、例年たくさんの人が来場して混雑します。花火が始まる2時間前の18時ごろから人が一気に増えます今年は3年ぶりの開催となるため、大混雑が予想されます

塩竈みなと祭2022の屋台は、港町公園に午後4時30分から午後9時まで『縁日広場』が開かれます。

お出かけの前には公式サイトで最新の情報をご確認ください!

\熱中症対策や虫よけ対策をお忘れなく/


※画像をクリックするとアマゾンのページに移動します


※画像をクリックするとアマゾンのページに移動します

\ツアーや宿泊の予約をチェック/
スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンタメ
豆母をフォローする
スポンサーリンク
気になるコトを調べ隊

コメント

タイトルとURLをコピーしました