久保杏夏の父親ドラゴンとは?テニス留学はどこ?中学や小学校も調査

スポーツ選手

3歳からテニスを始め、小6で国内頂点にたった久保杏夏選手。

現在は米沢徹コーチのもと、世界で活躍するジュニア選手です。

そんな杏夏さんの父親のドラゴンさんとはどんな方なのか調査しました。

また、杏夏さんのテニス留学先はどこだったのでしょうか?中学や小学校も合わせて調査しました。

スポンサーリンク

久保杏夏の父親ドラゴンとは?

久保杏夏さんの父親は、元サッカー選手の久保竜彦さんです。

快足と日本人離れした身体能力を持ち、どんな体制からでも繰り広げられる豪快なボレーでゴールを量産した男、『ドラゴン』の愛称で親しまれていました。

当時は、日本代表史上、最強のストライカーと呼ばれ、サッカーの神様ジーコ氏もドラゴン久保の才能に惚れ込んでいたという。

そんなドラゴン久保竜彦の類まれな身体能力を受け継いだと言われるのが、次女の杏夏さんなのです。2019年のジャンクスポーツには、親子で出演してます♫

ドラゴン久保竜彦は、娘のテニスに関しては口を挟まないと言っていましたが、ジュースは飲んじゃだめ!と言われていたので仕方なくスポーツドリンクを飲んでいたら、今度はスポーツドリンクもだめ!と言われて、飲むものは水しか飲めなくなった!と父親の素顔を屈託なく暴露しておりました😅

その他にも、揚げ物とか油っぽいものは食べないほうが良いとドラゴンに言われていたので、世界一を目指すようになってからは控えていたのですが、娘に言った本人のドラゴンは、MCの浜ちゃんに「久保(竜彦)さんは揚げ物とか食べてなかったんですか?」と振られて、「いや、食べてました」とい答えて、浜ちゃんに怒られるシーンも😅

そんな天然なドラゴンこと、久保竜彦さんを父親に持つ久保杏夏さんでした\(^o^)/

久保杏夏のプロフィール
誕生日:2004年7月生れ
年齢:2020年12月時点で16歳(高校1年)
テニス開始:3歳〜
スポンサーリンク



久保杏夏のテニス留学先はどこ?

3歳からテニスを始めた杏夏さんは、小6になったばかりの5月(2016年)、全国選抜ジュニアテニス選手権で優勝、続いて翌々月7月の全国小学生テニス選手権でも優勝と、小学生テニスの頂点に立ちます。

そのインタビューで、中学生になったらテニス留学を考えていると発言しています。

10歳の時に、クロアチアでの大会で8歳のチェコの選手に負けたことがあり悔しかった経験から、留学するならジュニア選手の強いチェコに留学したいと語っていました。
(ソースはこちら▷https://www.thetennisdaily.jp/news/contents/national/junior/20160730_0018788.php)

杏夏さんは小学校3年生でニュージェネレーションテニス・スカウトキャラバンの最優秀賞に選ばれており、小学生時代から海外での試合や合宿など海外遠征などのサポートを受けていたようです。

杏夏選手のテニス留学先を調査しましたが、留学に関する情報は見つけられず、安藤証券さんの公式ホームページに久保杏夏選手の海外遠征のツアーレポートが公開されており、それを見ると、2017年4月(中学1年時の4月)のヨーロッパ遠征に始まり1年の大半は海外遠征となっていました。

海外留学というより、海外遠征の中学時代を送っていたのではないでしょうか\(^o^)/

 

スポンサーリンク




久保杏夏の中学や小学校はどこ?

久保杏夏選手の小学校は、広島市にある古市小学校でした。

小6で日本一となり、その後の中学時代は海外の遠征に出ていたようで、通っていた中学に関する情報は見つけられませんでした。

引き続き、久保杏夏さんの中学に関して調査を続けますね。詳細が分かり次第、この記事で紹介しますね♫

久保杏夏の父親ドラゴンとは?テニス留学はどこ?中学や小学校も調査のまとめ

以上、久保杏夏選手の父親ドラゴンとは?テニス留学はどこ?中学や小学校も調査をお送りしました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ選手
スポンサーリンク
豆母をフォローする
気になるコトを調べ隊

コメント

タイトルとURLをコピーしました