カップケーキの生地が溢れる原因やカップに入れる生地量の目安

グルメ

カップケーキがカップから溢れて、
マグマのように噴出した時って、
ショックですよね(T_T)

膨らまないのも困りものですが、
膨らみすぎて溢れてしまうのも、
嫌ですよね(>_<)

カップケーキがあふれる原因や
カップに流し込む生地の量の目安を
紹介します。

スポンサーリンク

カップケーキの生地があふれる原因

カップに入れる生地が多すぎた

カップケーキを作る場合、
カップに入れる生地の量は、
多すぎても少なすぎてもダメ(;’∀’)

 

カップに入れる量の目安は?

ベーキングパウダーを入れたレシピであれば、
カップに入れる生地は、6~7分目まで(^_^)v

ベーキングパウダーを入れないレシピ、
小麦粉、卵、砂糖、バターのレシピなら、
7~8分目までです。

生地をカップに流しこんだら、カップを
少し持ち上げて、トントンと落とします。

これで、生地の中の空気を抜いて下さい。

スポンサーリンク



予熱が不十分だった

オーブンが設定温度に達するまでが予熱です。
設定温度になるまでの予熱中は、
焼き始めてはいけません。

予熱が終わってからカップケーキを
焼き始めましょう。

 

予熱が不十分だとオーブン庫内の
熱に偏りが出来ます。
熱いところから先に焼けて、
そこだけ硬くなってしまいます。
表面に焼けムラができると、
後から焼ける生地が膨らんでしまい、
逃げ場がなくなって、
あふれて出てしまいます
(>_<)

予熱を十分に行ってから、
カップケーキを焼きましょう‼

スポンサーリンク



設定温度が高かった

設定温度が高い場合、
表面だけが先に焼けて、
表面が硬くなります。

中に火が通ったら中の生地が膨らみますが、
表面が固い蓋になってしまっているため、
マグマのように吹き出してしまうのです。

生地が溢れてくるのを防ぐためには、
薄くて広いカップを使うか、
オーブンの設定温度を下げて、
少し長めに焼くと解決します。

家庭用のオーブンは機種によって
温度に誤差があります(>_<)
なので、
レシピ通りの温度設定にしても
失敗することがあります。

また天板の上段と下段でも、
焼き具合に違いが出ます。

焼いている途中で、
表面が焼けて焦げそうなら、
オーブンを開けて、天板を手前に
半分ほど出して、ケーキの上に
素早くアルミホイルをかぶせます。

蓋を閉めたら設定温度を10度下げて、
残り時間を少し長めにして、
焼いてみて下さい。

スポンサーリンク



自分のオーブンのくせをつかむ

オーブンは、機種によってクセがあります。

前の方が早く焼ける傾向があるとか、
反対に奥の方が早く火が通る傾向とか、
様々なクセがあります。

自分が使っているオーブンのクセを見抜いて、
焼いている最中でも、前後左右の向きを
入れ替えたりして対応するとよいですよ
(⋈◍>◡<◍)。✧♡

実家で使っていたオーブンも、なぜか前の方が
よく焼けてしまうので、
途中で入れ替えてます(^^)

スポンサーリンク



カップケーキの生地が溢れる原因やカップに入れる生地量の目安のまとめ

以上、カップケーキの生地があふれる原因や
カップに入れる生地の量目安を紹介しました。

ちょうどよい高さまで膨らんだカップケーキが
出来るといいですね(⋈◍>◡<◍)。✧♡

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました