幼稚園の役員を引き受けたが途中で妊娠した時の体験談

幼稚園の役員を引き受けている時に妊娠した時の体験

第一子の長男は、3年保育の年少組で入園しました。

初めての子供で右も左も分からないまま、クラス役員を引き受けることになってしまいました。

その時、下の子2歳を連れていたので、子連れでは他の方に迷惑をかけるかもしれないと辞退を申し出ましたが、他に引き受けてくれる方が見つかりませんでした。

子連れでも迷惑じゃないし大丈夫なので、是非やってほしいとの事だったので、引き受けることにしました。

そして、幼稚園PTAの一番大きなイベントである夏祭りや園の行事である運動会を終えてひと段落した秋に3人目を妊娠しました。

つわりが始まって体調不良が続き、役員会や役員の集まりも、休み勝ちになりました。

この記事では、息子の幼稚園や周りの役員さんの対応について、私の体験談をお話します。

園によって対応は様々ですが、参考になればと思います。

スポンサーリンク

幼稚園の役員の仕事の内容や集まる頻度

息子の通っていた幼稚園では、ベルマークを集めたり、園所有の絵本を修繕したり読み聞かせをする係などがありました。

集まり自体は、会議を含めて、月に2~3回程度でした。

それに加えて、幼稚園の参観や行事が入るため、毎週、必ず幼稚園に行ってました。

息子の幼稚園は、他の幼稚園に比べて集まりが多かったようです。

ベルマークや絵本の係以外にも、夏祭りや運動会などのイベントは、役員が学年ごとにお手伝いをしました。

例えば、夏祭りのお手伝いでは、年少の役員がバザーを担当、年中の役員が輪投げやヨーヨー釣りなどのゲームを担当、年長の役員が食品を担当という感じです。

子供の学年が上がるほど扱う内容の難易度が上がるという感じでした。

 

私は、年少の役員なので、バザーを担当しました。

バザーは、全園児の家庭からバザー品を集め(登園時に子供に持たせて幼稚園が集めておいてくれた)、集まったバザー品を仕分けしたり、値段を決めたり、ディスプレイに必要なものを準備したりという仕事内容でした。

2歳の次男は、作業スペース横にある遊具やおもちゃで遊んで待ってました。

作業も、思ったほど大変ではありませんでした。

むしろ、内職みたいで楽しかったです( ´艸`)

 

うちの園では、同じように下のお子さんを連れてくる方も何人かいて、肩身の狭い思いはありませんでしたヽ(^。^)ノ

夏祭り当日は、パパも参加してくれたので、下の子をパパに預けて、役員のお手伝いを楽しくバリバリこなしました(^_^)v

文化祭のノリで楽しかったです‼

スポンサーリンク

役員の任期途中での妊娠の報告のタイミングは⁈

幼稚園での一番のビッグイベントの夏祭りを終えて、運動会も終わった後に、3人目を妊娠しました。正式に会長さんや園側に妊娠の報告をしたのは、安定期に入ってからでした。

つわりが始まり、体調不良で役員会や集まりにも中々行けない状態でした。

つわりで体調不良の場合は幼稚園の役員会議はお休みします。

安定期に入るまでは、あまりおおやけにしたくなかったので、会長さん(男性)へは体調不良という理由でお休みさせていただきました。

同じ学年の役員のママ達6人には、もしかしたら、つわりかもしれないと、正直に話しました。

すると皆さん、おめでとう!早く安定期に入るといいね!無理しないでね!

と、ねぎらいの言葉をかけてくれました。

体調不良でお手伝いに参加できない時も、メールで心配無用!家で寝てなさい!という感じでした。

 

安定期に入って、つわりが落ち着いたので、正式に幼稚園や会長さんにも話して、今後の役員活動について相談させていただきました。

 

幼稚園からは無理はしないで欲しい。役員を続けるのが難しい状況ならば、他の方と交代するようにします、と言われました。

PTA会長さんからは、大きなイベントも終わっているし、残りのイベントは本部役員でカバーするから大丈夫!交代役員を探すことも貴方は考えなくて良いですよ!

という心強いお返事をいただきました。

 

安定期以降は、経過も良く、寝込むこともなかったので、続けられるところまでお手伝いをさせてもらう事になりました。

 

役員が絡む大きなイベントが終わっていたので、役員後半の作業もほとんどなく、会議が2回あっただけでした。

役員後半戦の一番の大きな仕事!と言えば、次年度の役員さん決めでした。

ですが、そちらも立候補者が何人か出ていたので、後半は何もすることがない!という状況で、無事、年少さんでの役員を最後まで続けることが出来ました。

 

最後に

私の場合、大きなイベントが終わってからの妊娠だったので、途中の交代もせず、最後までやりましたが、夏祭りイベント前であれば、交代になっていたと思います。

ですが、幼稚園もPTA本部役員さんも皆さん、良い方たちで、無理しないで!後のことはこちらに任せて!と、妊婦に対してとても寛大な対応でした。

その時、一緒にクラス役員をした3人とは、10年以上のお付き合いになっています。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました