全国高校ラグビー選手権大会2022の優勝予想や注目選手一覧

ラグビー

12月27日から来年1月8日まで行われる第101回全国高校ラグビー選手権(花園)の組み合わせが決まりました。今年はどこが優勝するでしょうか?!この記事では、第101回全国高校ラグビーフットボール選手権大会の優勝予想、ベスト4など上位結果を予想しました。

スポンサーリンク

全国高校ラグビー選手権2022の出場校一覧

2021年~2022年1月に行われる第101回全国高校ラグビーフットボール選手権大会の出場校は、開催地の大阪から3校、北海道、東京都からそれぞれ2校の全51校です。

3回戦までのトーナメント表はこちら👇
⋙第101回全国高校ラグビー組合せ【毎日新聞】
(ベスト8以降の組み合わせは後日、再抽選)

下記13のシード校は各ブロックに振り分けられ、ベスト16までは対戦しないということになります👇

  • 桐蔭学園(神奈川)※前年度優勝
  • 東海大大阪仰星(大阪第2)※前年度ベスト8
  • 東福岡(福岡)※前年度ベスト4
  • 國學院栃木(栃木)
  • 流通経済大柏(千葉)※前年度ベスト8
  • 國學院久我山(東京)
  • 京都成章(京都)※前年度準優勝
  • 常翔学園(大阪)
  • 大阪桐蔭(大阪)
  • 御所実業(奈良)※前年度ベスト8
  • 石見智翠館(島根)
  • 佐賀工業(佐賀)
  • 長崎北陽台(長崎)

それでは各シード校ごとのブロックで、出場校を確認しながら勝ち抜けを予想していきましょう!

スポンサーリンク

全国高校ラグビー選手権大会2022の優勝予想

東海大大阪仰星(大阪第2)のブロック

  • 東海大大阪仰星(大阪第2)※3大会連続21回目の出場
  • 光泉カトリック(滋賀県)※3大会連続11回目の出場
    vs
    坂出第一(香川県)※3大会連続4回目の出場
  • 報徳学園(兵庫県)※6大会連続47回目の出場
    vs
    茗溪学園(茨城県)※10大会連続27回目の出場
  • 仙台育英(宮城県)※26大会連続28回目の出場
    vs
    桐生第一(群馬県)※2大会ぶり3回目の出場

桐生第一は2018年の初出場以来、力をつけてきた実力校ですが、伝統校の仙台育英が勝ち上がると予想しました。報徳学園と茗溪学園の対戦は、どっちが勝ってもおかしくないといった感じで仙台育英と(報徳学園、茗溪学園の勝者)の戦いになると思います。

東海大大阪仰星は、光泉カトリックと坂出第一の勝者と対戦しますが、順当に東海大大阪仰星がベスト8に勝ち上がるでしょう。

国学院久我山のブロック

  • 国学院久我山(東京第1)※4大会ぶり42回目の出場
  • 近大和歌山(和歌山県)※2大会ぶり3回目の出場
    vs
    鹿児島実業(鹿児島県)※2大会連続21回目の出場

国学院久我山の対戦相手は、近大和歌山鹿児島実業の勝者となります。1回戦は伝統校の鹿児島実業が勝ち上がって国学院久我山と対戦し、国学院久我山が勝ち上がって3回戦に進むでしょう。

佐賀工業のブロック

  • 佐賀工業(佐賀県)※40大会連続50回目の出場
  • 静岡聖光学院(静岡県)※2大会ぶり7回目の出場
    vs
    高知中央高校(高知県)※10大会連続27回目の出場

静岡聖光学院高知中央の勝者が佐賀工業と対戦。順当に佐賀工業が3回戦に進むでしょう。

常翔学園のブロック

  • 常翔学園(大阪第1)※7大会連続40回目の出場
  • 中部大春日丘(愛知県)※9大会ぶり11回目の出場
    vs
    日本航空高校石川(石川県)※17大会連続17回目の出場

中部大春日丘日本航空高校石川の勝者が常翔学園と対戦。順当に常翔学園が3回戦に進むでしょう。

石見智翠館のブロック

  • 石見智翠館(島根県)※31大会連続31回目の出場
  • 大分舞鶴(大分県)※3大会ぶり58回目の出場
    vs
    倉敷(岡山県)※初出場

大分舞鶴倉敷の勝者が石見智翠館と対戦。順当に石見智翠館が3回戦に進むでしょう。

京都成章のブロック

  • 京都成章(京都府)※8大会連続14回目の出場
  • 米子工業(鳥取県)※4大会連続11回目の出場
    vs
    城東(徳島県)※5大会連続11回目の出場

米子工業城東の勝者が京都成章と対戦。順当に京都成章が3回戦に進むでしょう。

大阪桐蔭のブロック

  • 大阪桐蔭(大阪第3)※2大会ぶり15回目の出場
  • 札幌山の手(南北海道)※4大会連続20回目の出場
    vs
    黒沢尻北(岩手県)※2大会連続7回目の出場

札幌山の手黒沢尻北の勝者が大阪桐蔭と対戦。順当に大阪桐蔭が3回戦に進むでしょう。

東福岡のブロック

  • 東福岡(福岡県)※22大会連続32回目の出場
  • 若狭東(福井県)※6大会連続33回目の出場
    vs
    専大玉名(熊本県)※初出場

若狭東は、福井大会予選決勝で若狭高校を68-0の大差で快勝。専大玉名は熊本大会予選決勝で熊本工業を14-7で破って、初の全国大会出場を決めました。若狭東と初出場の専大玉名の勝者が東福岡と対戦しますが、Aシードの東福岡が順当に3回戦に進むでしょう。

御所実業のブロック

  • 御所実業(奈良県)※3大会連続14回目の出場
  • 朝明(三重県)※10大会連続12回目の出場
    vs
    青森山田(青森県)※3大会連続3回目の出場

朝明と青森山田の勝者が御所実業と対戦しますが、御所実業が順当に3回戦に進むでしょう。

長崎北陽台のブロック

  • 長崎北陽台(長崎県)※4大会連続20回目の出場
  • 関商工(岐阜県)※4大会連続41回目の出場
    vs
    日川(山梨県)※16大会連続51回目の出場

関商工と日川の勝者が長崎北陽台と対戦しますが、伝統校の日川がシード校を破って3回戦に進む可能性もゼロではないでしょう。激戦区と予想します。

国学院栃木のブロック

  • 国学院栃木(栃木県)※22大会連続27回目の出場
  • 秋田工(秋田県)※2大会連続69回目の出場
    vs
    松山聖稜(愛媛県)※3大会連続6回目の出場

伝統校の秋田工と松山聖稜の勝者が国学院栃木と対戦しますが、国学院栃木が順当に3回戦に進むでしょう。

流経大柏のブロック

  • 流経大柏(千葉県)※27大会連続29回目の出場
  • 大津緑洋(山口県)※2大会連続31回目の出場
    vs
    旭川龍谷(北北海道)※4大会連続6回目の出場

大津緑洋と旭川龍谷の勝者が流経大柏と対戦しますが、流経大柏が順当に3回戦に進むでしょう。

 

桐蔭学園(神奈川)のブロック

  • 桐蔭学園(神奈川県)※7大会連続20回目の出場
  • 読谷(沖縄県)※初出場
    vs
    昌平(埼玉県)※2大会連続3回目の出場

読谷と昌平の勝者が桐蔭学園と対戦しますが、桐蔭学園が順当にベスト8まで進むでしょう。

ベスト8が出揃う準決勝以降の組み合わせは、その都度で抽選されるとのことなので、ここからは予想が難しいです。

優勝候補筆頭は、桐蔭学園、京都成章あたりではないかと予想しています。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ラグビー
豆母をフォローする
スポンサーリンク
気になるコトを調べ隊

コメント

タイトルとURLをコピーしました