白きくらげの効能や簡単レシピを紹介‼黒キクラゲとの違いは?

料理

白きくらげ レシピ,白きくらげ 効能,白きくらげ 戻し方

キクラゲには、白いきくらげと黒いきくらげがあります。

正確にいうと、色が違うだけではありません!

種類が違います!

栄養成分が違います!

効果効能が違います!

この記事では、白きくらげの戻し方や簡単な調理法
白いキクラゲの効能など、
黒キクラゲの違いをもとに紹介します。

スポンサーリンク

白きくらげの簡単レシピ

白きくらげは、黒キクラゲ同様、
味もなければ、においもありません。

その分、どんな料理に入れても、
相性はばっちりです(^_^)v

白きくらげの戻し方

食べる分だけ、たっぷりのお水でもどします。

※約7~8倍に膨らむので、たっぷりのお水に
約15分、入れて戻します。
時間がない時は、ぬるめのお湯で5分つけます。

固い部分(石づき)をカットします

固くて、白っぽい部分が石づきです。

包丁で切り落とします。

たっぷりのお湯で茹でます

写真のお鍋は少し小さすぎました(-_-;)

下準備は、これでOKです(^_^)v

白きくらげの簡単な食べ方レシピ

ポン酢やしょうが醬油をかけたり、
好みのドレッシングをかけたり、
サラダ感覚で食べられちゃいますヽ(^o^)丿

ごまポン酢で食べました。↓

スープに入れても美味しいですヽ(^o^)丿

トマトのざく切りと一緒に混ぜて、
ドレッシングをかけたシンプルなサラダです↓

デザートに添えるのも、おススメですね!

スポンサーリンク

白きくらげの効能

白きくらげと黒きくらげの種類の違い

白キクラゲは、シロキクラゲ科シロキクラゲ属、
黒いキクラゲは、キクラゲ科キクラゲ属と、
おんなじキノコの仲間ではありますが、
種類が違います!

白きくらげと黒きくらげの成分の違い

黒キクラゲ:鉄分が白キクラゲの約10倍(レバーの約3倍)

白キクラゲ:カルシウムやカリウム、リンが豊富に含まれる

同じキノコの仲間ですが、成分には、
大きな差がありますね!

用途に応じて、チョイスしましょう!

白きくらげと黒きくらげの効能の違い

 黒きくらげの効能

貧血の対策に良い(鉄分が豊富なため)

血液の浄化作用があるため、高血圧や動脈硬化、潰瘍などに効果ががあると言われます。

白きくらげの効能

口の渇きをうるおしたり、潤肺、
老化防止、から咳や喉の痛みに。

また、食物繊維が多いため、便秘にいいです。

白と黒の効能の違い

黒いきくらげは、『血を補う』食材として、

白いきくらげは、『潤い(うるおい)』を与える食材として、

注目を浴びています。

ざっくりですが、

貧血や、血液がドロドロでお悩みの方は、
黒いキクラゲを‼

肌や髪の乾燥が気になる方は、
白いキクラゲを、選ぶとイイですよ!

色だけではなく、効果効能や成分が
かなり違いますが、
どちらもすごい食材ですね!

白きくらげと黒きくらげ 値段の違い

黒いきくらげ:50gで約300円

白いきくらげ: 50gで約500円

同じ中華料理食材のお店での価格です。

白の方がお高め価格でした。

お買い求めはスーパーの乾物コーナーで

白いキクラゲのあるスーパーは少ないですが、
販売されている場合は、黒キクラゲと同様、
干し椎茸が置いてる乾物コーナーか又は
中華食材コーナーにあります。

きくらげの値段やスーパーの売り場ではどのコーナーを探す?

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました