子供の習い事 送迎を頻繁に頼んでくるママ友とのトラブル回避のコツ

子供の習い事の送迎問題を解決する方法

子供の習い事の送迎問題!
子供たちの人間関係以上に、ママ友との人間関係に気を使いますよね(^_^;)

自分ちの子供だけでも大変な上に、フィフティーフィフティーにならない送迎問題。

たまに頼まれる位なら、ついでだし引き受けますが、前回もその前もうちだけが送迎してない⁈

一方的な送迎のお願いには困りました。

下に小さい兄弟がいて、自分の家の子だけでも大変なのに、ギブギブばっかりだとモヤモヤを通り越してイライラします!

ママがモヤモヤしていると、子供だって察知しますよ~(;^ω^)

子供が習い事に集中できなくなって本末転倒ですよね💦

子供が習い事に打ち込めるよう、親の送迎問題はすっきりさせましょう!

この記事では、習い事の送迎を一方的に頼んでくるママ友への断り方を、我が家の体験談を交えながらお話しします。

スポンサーリンク

習い事の送迎を頻繁に頼んでくるママ友を断るタイミング

頼まれた時は、いったんは引き受けました。

相手は頼みなれてる⁈のか、大体、断れないタイミングで連絡してきます(;^ω^)

ですから、送迎はいったん引き受けます。
そして、引き受けた時の送迎のタイミングで次回以降のお断りを入れる!ようにしました。

一方的に頼んでくるけれど、毎回でもないし、こちらから切り出すタイミングって難しいですよね。

何もない時に、こっちから、今後一切、習い事の送迎はしません!と切り出すのもおかしいし(;^_^A。

それが出来れば、悩む事は全くないですよね。

私もそうでした。

向こうが何も言ってこないのに、わざわざこっちから言うのも、気が引けるし。

習い事の送迎を断るタイミングを考えている

で、たどり着いた断りのタイミングは、頼まれて送迎した時に、次回以降の送迎を断ることにしました。そうすると、言い出すタイミングを考えなくて済むようになったので随分と気持ちが楽になりました。

習い事の前は、バタバタしているだろうし、できれば帰りのタイミングがベターですね!

子供の習い事の送迎の断り方や言いまわし

パパに悪者になってもらう方法

パパが怒っている様子

『実はさ、この前パパに〇〇ちゃんも車に乗せて一緒に習い事に行ったことを話したら、ものすごくパパに怒られちゃったんだよ~事故を起こした時に、〇〇ちゃんちに責任が取れるのか?って。

私もよく考えたら、もし事故が起きたら〇〇ちゃんに申し訳なくって。

仕方がないよとか、大丈夫だよって言われても、私が自分を許せなくなるから、これからは、別々で行かせてちょうだい』

と言いきります!

スポンサーリンク

 

『それぞれ、別々に行く方が良いと思うけど、どうかなぁ?』

と曖昧な感じで、相手に選択権を与えてしまうと、

『うちは全然気にしないんで、大丈夫だよ』なんて言い出します。

 

ついうっかり、相手に選択権をゆだねる発言をしたら、その場ですぐに訂正します!

引き下がってはいけません。

 

『ごめん、私が気になるんだよ~心配で夜も眠れなくなってるの。

だから、申し訳ないのだけれど、習い事の行き返りは、別々にさせてもらうね。』

と、言い切りましょう!

 

向こうから、

『そうだよねぇ、私も考え無しで頼んじゃって、ごめんね』

って言ってくれるような相手であれば、これからも良好な関係で居られると思います。

 

習い事の送迎の前後にわざと予定を入れる

嘘をつくのがしんどい時は、わざと予定を入れました。

だって、嘘つくの下手だし、ばれたらどうしようって考えて、また眠れなくなっちゃいますからね(;^_^A

 

その場合は、頼まれた時がお断りするタイミングです。

向こうから、ラインやメールであれば、速攻、返信します。

 

『ごめんね、今日は子供を送った後、〇〇を買いに行く用事があるんだよ!だから送迎は出来ないんだ~ごめんね!』とか『人と会う約束があるんだよ~』とか。

嘘が付けない場合は、実際に用事をわざと入れました。

実際に用事を作って送迎を断る

それを、3回ほど繰り返します。

たいていの人は、3回続くと諦めて、なんとか自力で考えるようになります。
例えば、自分の旦那さんや実家の親などに頼んで送迎するようになります。

てか、旦那さん、頼れるんじゃん!って思いますけどね(;^ω^)

 

それでも、めげずに頼んでくる場合には、

『下の子(上の子)が同じ曜日に△△の習い事を始めたから、今後の送迎はできなくなっちゃいました‼ごめんね~m(__)m』と明るく、拒否りました。

お断りした後は明るくさらりと付き合う

断ったからと言って、それで疎遠になるような関係であれば、仲良くする必要はないですし、

断った相手に対しては、何事もなかったのように、普通に接するのが良いと思います。

ごめんね、今までありがとうって言ってくれるような人であれば、お付き合いは自然と続くでしょうし、つんけんする態度を取られたり、送迎のことを、陰で何かを言われるような相手あれば、お付き合いする必要は全くありません。

かえって疎遠になる方が自分の家族にとってもハッピーです。

中学卒業までは顔を合わせることもありますが、それ以上、例えば、子供達が高校生になると、顔を合わせる機会はぐっと減ります。

心のモヤモヤは、精神衛生にも悪いし、子供がママのもやもやを感じて習い事に集中できなくなるようでは本末転倒ですからね!

子供のためにもママもグッと頑張りましょう!

子供の習い事 送迎を頻繁に頼んでくるママ友とのトラブル回避のコツのまとめ

1断るタイミングは、引き受けてしまったお帰りのタイミングで

2断る理由は、

  • パパに悪役になってもらう
  • わざと予定をいれる

3お断りした後は、普通にさらりとお付き合いする。

今までありがとうと感謝の気持ちを伝えてくれるママ友であれば、お付き合いは続くでしょうし、つんけんしたり陰口をたたくようなママ友であれば疎遠になるのも一つの解決方法です。

我が子のための習い事です。ママ友同士のトラブルで子供が巻き添えにならないように、ママも頑張りましょう!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました